フォーラム 書評四篇--新しいトーマス・マン像をめぐって[友田和秀『トーマス・マンと一九二〇年代--『魔の山』とその周辺』 福元圭太『「青年の国」ドイツとトーマス・マン--20世紀初頭のドイツにおける男性同盟と同性愛』 奥田敏広『トーマス・マンとクラウス・マン--《倒錯》の文学とナチズム』 ほか]

田村 和彦

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)245-255
Number of pages11
Journalドイツ文学
Volume6
Issue number1
Publication statusPublished - 2007
Externally publishedYes

Cite this