メタンハイドレート堆積層からの天然ガス生産設備と発電設備を具備する統合設備

Kyuro Sasaki (Inventor), Yuichi Sugai (Inventor), Hiroyuki Kosukegawa (Inventor), Takao Ebinuma (Inventor), Hideo Narita (Inventor), Tsutomu Yamaguchi (Inventor)

Research output: Patent

Abstract

メタンハイドレート堆積層中でメタンハイドレートを分解させてメタンガスを主成分とする天然ガスを回収する閉じた熱サイクルを構成する天然ガス生産設備において、(a)水と分解した天然ガスを分離する気液分離器、(b)天然ガス中の水分を除去し天然ガスを圧縮するガス脱水・圧縮装置、(c)圧縮された天然ガスを貯蔵する圧力タンク、(d)ガス燃焼発電機または燃料電池と熱交換器を備えた熱電併給発電設備および(e)熱水圧入用の高圧ポンプが設けられており、(c)圧力タンクと(d)熱電併給発電設備とが調節弁を備えた連結管で結合され、(a)気液分離器において分離されて熱交換器により加熱された熱水と(d)熱電併給発電設備で生成された燃焼水あるいは反応水とが連結管により合流するようにされていることを特徴とする海上統合設備。
Original languageJapanese
Patent numberJP3914994
IPCE21B43/00
Priority date1/27/04
Publication statusPublished - Feb 16 2007

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • Fuel Technology
  • Energy Engineering and Power Technology
  • Earth and Planetary Sciences(all)

Cite this

Sasaki, K., Sugai, Y., Kosukegawa, H., Ebinuma, T., Narita, H., & Yamaguchi, T. (2007). IPC No. E21B43/00. メタンハイドレート堆積層からの天然ガス生産設備と発電設備を具備する統合設備. (Patent No. JP3914994).

メタンハイドレート堆積層からの天然ガス生産設備と発電設備を具備する統合設備. / Sasaki, Kyuro (Inventor); Sugai, Yuichi (Inventor); Kosukegawa, Hiroyuki (Inventor); Ebinuma, Takao (Inventor); Narita, Hideo (Inventor); Yamaguchi, Tsutomu (Inventor).

IPC No.: E21B43/00. Patent No.: JP3914994.

Research output: Patent

Sasaki, K, Sugai, Y, Kosukegawa, H, Ebinuma, T, Narita, H & Yamaguchi, T 2007, メタンハイドレート堆積層からの天然ガス生産設備と発電設備を具備する統合設備, Patent No. JP3914994, IPC No. E21B43/00.
Sasaki K, Sugai Y, Kosukegawa H, Ebinuma T, Narita H, Yamaguchi T, inventors. メタンハイドレート堆積層からの天然ガス生産設備と発電設備を具備する統合設備. E21B43/00. 2007 Feb 16.
Sasaki, Kyuro (Inventor) ; Sugai, Yuichi (Inventor) ; Kosukegawa, Hiroyuki (Inventor) ; Ebinuma, Takao (Inventor) ; Narita, Hideo (Inventor) ; Yamaguchi, Tsutomu (Inventor). / メタンハイドレート堆積層からの天然ガス生産設備と発電設備を具備する統合設備. IPC No.: E21B43/00. Patent No.: JP3914994.
@misc{06a67bfdcedf4df09f3baec089f717e2,
title = "メタンハイドレート堆積層からの天然ガス生産設備と発電設備を具備する統合設備",
abstract = "メタンハイドレート堆積層中でメタンハイドレートを分解させてメタンガスを主成分とする天然ガスを回収する閉じた熱サイクルを構成する天然ガス生産設備において、(a)水と分解した天然ガスを分離する気液分離器、(b)天然ガス中の水分を除去し天然ガスを圧縮するガス脱水・圧縮装置、(c)圧縮された天然ガスを貯蔵する圧力タンク、(d)ガス燃焼発電機または燃料電池と熱交換器を備えた熱電併給発電設備および(e)熱水圧入用の高圧ポンプが設けられており、(c)圧力タンクと(d)熱電併給発電設備とが調節弁を備えた連結管で結合され、(a)気液分離器において分離されて熱交換器により加熱された熱水と(d)熱電併給発電設備で生成された燃焼水あるいは反応水とが連結管により合流するようにされていることを特徴とする海上統合設備。",
author = "Kyuro Sasaki and Yuichi Sugai and Hiroyuki Kosukegawa and Takao Ebinuma and Hideo Narita and Tsutomu Yamaguchi",
year = "2007",
month = "2",
day = "16",
language = "Japanese",
type = "Patent",
note = "JP3914994; E21B43/00",

}

TY - PAT

T1 - メタンハイドレート堆積層からの天然ガス生産設備と発電設備を具備する統合設備

AU - Sasaki, Kyuro

AU - Sugai, Yuichi

AU - Kosukegawa, Hiroyuki

AU - Ebinuma, Takao

AU - Narita, Hideo

AU - Yamaguchi, Tsutomu

PY - 2007/2/16

Y1 - 2007/2/16

N2 - メタンハイドレート堆積層中でメタンハイドレートを分解させてメタンガスを主成分とする天然ガスを回収する閉じた熱サイクルを構成する天然ガス生産設備において、(a)水と分解した天然ガスを分離する気液分離器、(b)天然ガス中の水分を除去し天然ガスを圧縮するガス脱水・圧縮装置、(c)圧縮された天然ガスを貯蔵する圧力タンク、(d)ガス燃焼発電機または燃料電池と熱交換器を備えた熱電併給発電設備および(e)熱水圧入用の高圧ポンプが設けられており、(c)圧力タンクと(d)熱電併給発電設備とが調節弁を備えた連結管で結合され、(a)気液分離器において分離されて熱交換器により加熱された熱水と(d)熱電併給発電設備で生成された燃焼水あるいは反応水とが連結管により合流するようにされていることを特徴とする海上統合設備。

AB - メタンハイドレート堆積層中でメタンハイドレートを分解させてメタンガスを主成分とする天然ガスを回収する閉じた熱サイクルを構成する天然ガス生産設備において、(a)水と分解した天然ガスを分離する気液分離器、(b)天然ガス中の水分を除去し天然ガスを圧縮するガス脱水・圧縮装置、(c)圧縮された天然ガスを貯蔵する圧力タンク、(d)ガス燃焼発電機または燃料電池と熱交換器を備えた熱電併給発電設備および(e)熱水圧入用の高圧ポンプが設けられており、(c)圧力タンクと(d)熱電併給発電設備とが調節弁を備えた連結管で結合され、(a)気液分離器において分離されて熱交換器により加熱された熱水と(d)熱電併給発電設備で生成された燃焼水あるいは反応水とが連結管により合流するようにされていることを特徴とする海上統合設備。

M3 - 特許

M1 - JP3914994

ER -