小説におけるフランス語の大過去と対応スペイン語形式について (シンポジウム報告 時・相・法--フランス語・ドイツ語・スペイン語の対照的観点から)

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)82-85
Number of pages4
Journalフランス語学研究
Issue number40
Publication statusPublished - 2006

Cite this

@article{4106a55df30c411d9a0359d1a591ae76,
title = "小説におけるフランス語の大過去と対応スペイン語形式について (シンポジウム報告 時・相・法--フランス語・ドイツ語・スペイン語の対照的観点から)",
author = "ひろみ 山村",
year = "2006",
language = "Japanese",
pages = "82--85",
journal = "フランス語学研究",
issn = "0286-8601",
publisher = "日本フランス語学会",
number = "40",

}

TY - JOUR

T1 - 小説におけるフランス語の大過去と対応スペイン語形式について (シンポジウム報告 時・相・法--フランス語・ドイツ語・スペイン語の対照的観点から)

AU - 山村, ひろみ

PY - 2006

Y1 - 2006

M3 - 記事

SP - 82

EP - 85

JO - フランス語学研究

JF - フランス語学研究

SN - 0286-8601

IS - 40

ER -