想定外の事態のなかの応答性:児童の社会的養護の現場から

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

児童養護施設内での子ども間の「暴力」に応答することは、本プロジェクトを始めた臨床心理学者(田嶌誠一)、職員、子どもにとって想定外の事態であった。だが文化人類学では単身で長期間フィールドに滞在するため、想定外の事態に出遭うことがある。そうした時、想定外の事態に応答することを決めた結果、手持ちの手法が現場で編みかえられることになる。ここではそうした文化人類学の応答性を構想する手がかりを得る。
Original languageJapanese
Pages (from-to)A07
Journal日本文化人類学会研究大会発表要旨集
Volume2015
Issue number0
DOIs
Publication statusPublished - 2015

Cite this