日本経済史に関するデータベース (新年特集 日本史研究とデータベース) -- (利用者の立場から)

Research output: Contribution to journalSpecial issue

Abstract

『日本歴史』の平成22年新年特集号として「日本史研究とデータベース」という企画が行われたが、その中で日本経済史研究におけるインターネット上に公開されたデータベースの状況を紹介した。経済史研究における資料は、企業や個人が所蔵するものの多さと、一般には無名な人々の個人情報の占める割合の多さから、ネット上の公開が遅れる分野であることを指摘した上で、大学におけるデータベース公開について紹介した。
Original languageJapanese
Pages (from-to)147-149
Number of pages3
Journal日本歴史
Issue number740
Publication statusPublished - Jan 2010

Cite this

@article{cff5ed9bcab74575b25ef2ceb880504d,
title = "日本経済史に関するデータベース (新年特集 日本史研究とデータベース) -- (利用者の立場から)",
abstract = "『日本歴史』の平成22年新年特集号として「日本史研究とデータベース」という企画が行われたが、その中で日本経済史研究におけるインターネット上に公開されたデータベースの状況を紹介した。経済史研究における資料は、企業や個人が所蔵するものの多さと、一般には無名な人々の個人情報の占める割合の多さから、ネット上の公開が遅れる分野であることを指摘した上で、大学におけるデータベース公開について紹介した。",
author = "英敏 宮地",
year = "2010",
month = "1",
language = "Japanese",
pages = "147--149",
journal = "日本歴史",
issn = "0386-9164",
publisher = "吉川弘文館",
number = "740",

}

TY - JOUR

T1 - 日本経済史に関するデータベース (新年特集 日本史研究とデータベース) -- (利用者の立場から)

AU - 宮地, 英敏

PY - 2010/1

Y1 - 2010/1

N2 - 『日本歴史』の平成22年新年特集号として「日本史研究とデータベース」という企画が行われたが、その中で日本経済史研究におけるインターネット上に公開されたデータベースの状況を紹介した。経済史研究における資料は、企業や個人が所蔵するものの多さと、一般には無名な人々の個人情報の占める割合の多さから、ネット上の公開が遅れる分野であることを指摘した上で、大学におけるデータベース公開について紹介した。

AB - 『日本歴史』の平成22年新年特集号として「日本史研究とデータベース」という企画が行われたが、その中で日本経済史研究におけるインターネット上に公開されたデータベースの状況を紹介した。経済史研究における資料は、企業や個人が所蔵するものの多さと、一般には無名な人々の個人情報の占める割合の多さから、ネット上の公開が遅れる分野であることを指摘した上で、大学におけるデータベース公開について紹介した。

M3 - 特別版

SP - 147

EP - 149

JO - 日本歴史

JF - 日本歴史

SN - 0386-9164

IS - 740

ER -