書評 迎由理男/永江眞夫編著『近代福岡博多の企業者活動』

Research output: Contribution to journalBook/Film/Article review

Abstract

黒田長政入城以前からの商人町である博多と、入城以後の武家街を中心とした福岡とは、中洲によって結ばれ多様なアイデンティティを包みこむ都市(福博)となった。その福博の近代における工業化・産業化に果たした企業家の役割に関する論文集に対する書評。福岡と博多という2つのアイデンティティよりも、河内卯兵衛ら繊維商グループと太田清蔵らのグループとの合従連衡の関係により着目した方が、近代福博の多様性を抽出出来るのではないかと指摘した。
Original languageJapanese
Pages (from-to)123-126
Number of pages4
Journalエネルギー史研究
Issue number24
DOIs
Publication statusPublished - Mar 2009

Cite this

書評 迎由理男/永江眞夫編著『近代福岡博多の企業者活動』. / 宮地英敏.

In: エネルギー史研究, No. 24, 03.2009, p. 123-126.

Research output: Contribution to journalBook/Film/Article review

@article{144d291f111b49d191e7546e1dd123eb,
title = "書評 迎由理男/永江眞夫編著『近代福岡博多の企業者活動』",
abstract = "黒田長政入城以前からの商人町である博多と、入城以後の武家街を中心とした福岡とは、中洲によって結ばれ多様なアイデンティティを包みこむ都市(福博)となった。その福博の近代における工業化・産業化に果たした企業家の役割に関する論文集に対する書評。福岡と博多という2つのアイデンティティよりも、河内卯兵衛ら繊維商グループと太田清蔵らのグループとの合従連衡の関係により着目した方が、近代福博の多様性を抽出出来るのではないかと指摘した。",
author = "英敏 宮地",
year = "2009",
month = "3",
doi = "10.15017/13895",
language = "Japanese",
pages = "123--126",
journal = "エネルギー史研究",
issn = "0286-2050",
publisher = "九州大学附属図書館付設記録資料館産業経済資料部門",
number = "24",

}

TY - JOUR

T1 - 書評 迎由理男/永江眞夫編著『近代福岡博多の企業者活動』

AU - 宮地, 英敏

PY - 2009/3

Y1 - 2009/3

N2 - 黒田長政入城以前からの商人町である博多と、入城以後の武家街を中心とした福岡とは、中洲によって結ばれ多様なアイデンティティを包みこむ都市(福博)となった。その福博の近代における工業化・産業化に果たした企業家の役割に関する論文集に対する書評。福岡と博多という2つのアイデンティティよりも、河内卯兵衛ら繊維商グループと太田清蔵らのグループとの合従連衡の関係により着目した方が、近代福博の多様性を抽出出来るのではないかと指摘した。

AB - 黒田長政入城以前からの商人町である博多と、入城以後の武家街を中心とした福岡とは、中洲によって結ばれ多様なアイデンティティを包みこむ都市(福博)となった。その福博の近代における工業化・産業化に果たした企業家の役割に関する論文集に対する書評。福岡と博多という2つのアイデンティティよりも、河内卯兵衛ら繊維商グループと太田清蔵らのグループとの合従連衡の関係により着目した方が、近代福博の多様性を抽出出来るのではないかと指摘した。

U2 - 10.15017/13895

DO - 10.15017/13895

M3 - 著書/映画/記事の評論

SP - 123

EP - 126

JO - エネルギー史研究

JF - エネルギー史研究

SN - 0286-2050

IS - 24

ER -