第10章第3節 日本陶磁器業における焼成技術の革新と普及

Research output: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter

Abstract

日本の産業構造や雇用制度が大きく変貌していく現在において、過去の技術革新の経験を明らかにし、それを継承するための方論として技術革新大系を纏め上げた書である。
編者:清水慶一、亀山哲也、黒田光太郎ほか
共著者:末松安晴、鎗目雅人、島本実、野城智也、稲葉政満、北條純一、宮地英敏ほか
本人担当部分:「第10章第3節 日本陶磁器業における焼成技術の革新と普及」(393-401頁)を単著。石炭窯の性能についての検証等を行った。
Original languageJapanese
Title of host publication日本の技術革新大系
Subtitle of host publication文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「日本の技術革新-経験蓄積と知識基盤化」
Place of Publication東京都
Publisher国立科学博物館
Pages393-401
Number of pages8
Publication statusPublished - Mar 2010

Cite this

Miyachi, H. (2010). 第10章第3節 日本陶磁器業における焼成技術の革新と普及. In 日本の技術革新大系: 文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「日本の技術革新-経験蓄積と知識基盤化」 (pp. 393-401). 国立科学博物館.