軍艦島研究の動向

Research output: Contribution to journalShort survey

Abstract

近代化遺産として世間の関心が高まっている旧三菱鉱業端島坑(通称、軍艦島)について、その概要と、文学・映画・学術研究などでの位置付けられ方について紹介を行った。大正5年に建設された日本初の鉄筋高層アパートに着目した建築史分野での学術研究の進展や写真集の刊行、さらには映画や文芸で題材とされることも多かったのに対して、経済史・経営史的な炭鉱分析が遅れている状況について述べた。
Original languageJapanese
Pages (from-to)4-5
Number of pages2
JournalKYUSHU UNIVERSITY MANUSCRIPT LIBRARY NEWSLETTER
Volume4
Publication statusPublished - Feb 2010

Cite this