農薬適正使用ナビゲーションシステム: 安全・安心な農業生産を支援する

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

本稿では「安全・安心な農産物」を考える上で消費者の関心が大きい農薬使用の面から,その適正使用を支援するシステムについて述べる.具体的には,農産物トレーサビリティおよびGAP (Good Agriculture Practice:適正農業規範)との関連も含め,我々が研究開発している農薬適正使用ナビゲーションシステム(以下,農薬ナビ)[1][2]の概要について紹介する.農薬ナビは,農薬適正使用判定支援システム,農薬使用自動認識・現場警告システム,病虫害発生事例ベース・リスク評価システムから構成される[2].農薬ナビは,現在,公開実証試験を継続しており,利用者登録をすることにより自由に利用できる.
Original languageJapanese
Pages (from-to)248-253
Number of pages6
Journalオペレーションズ・リサーチ : 経営の科学
Volume51
Issue number5
Publication statusPublished - May 1 2006

Cite this

@article{f6dc6e59cde34172804f694d4afcb2e7,
title = "農薬適正使用ナビゲーションシステム: 安全・安心な農業生産を支援する",
abstract = "本稿では「安全・安心な農産物」を考える上で消費者の関心が大きい農薬使用の面から,その適正使用を支援するシステムについて述べる.具体的には,農産物トレーサビリティおよびGAP (Good Agriculture Practice:適正農業規範)との関連も含め,我々が研究開発している農薬適正使用ナビゲーションシステム(以下,農薬ナビ)[1][2]の概要について紹介する.農薬ナビは,農薬適正使用判定支援システム,農薬使用自動認識・現場警告システム,病虫害発生事例ベース・リスク評価システムから構成される[2].農薬ナビは,現在,公開実証試験を継続しており,利用者登録をすることにより自由に利用できる.",
author = "晃明 南石",
year = "2006",
month = "5",
day = "1",
language = "Japanese",
volume = "51",
pages = "248--253",
journal = "オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学",
issn = "0030-3674",
publisher = "公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会",
number = "5",

}

TY - JOUR

T1 - 農薬適正使用ナビゲーションシステム

T2 - 安全・安心な農業生産を支援する

AU - 南石, 晃明

PY - 2006/5/1

Y1 - 2006/5/1

N2 - 本稿では「安全・安心な農産物」を考える上で消費者の関心が大きい農薬使用の面から,その適正使用を支援するシステムについて述べる.具体的には,農産物トレーサビリティおよびGAP (Good Agriculture Practice:適正農業規範)との関連も含め,我々が研究開発している農薬適正使用ナビゲーションシステム(以下,農薬ナビ)[1][2]の概要について紹介する.農薬ナビは,農薬適正使用判定支援システム,農薬使用自動認識・現場警告システム,病虫害発生事例ベース・リスク評価システムから構成される[2].農薬ナビは,現在,公開実証試験を継続しており,利用者登録をすることにより自由に利用できる.

AB - 本稿では「安全・安心な農産物」を考える上で消費者の関心が大きい農薬使用の面から,その適正使用を支援するシステムについて述べる.具体的には,農産物トレーサビリティおよびGAP (Good Agriculture Practice:適正農業規範)との関連も含め,我々が研究開発している農薬適正使用ナビゲーションシステム(以下,農薬ナビ)[1][2]の概要について紹介する.農薬ナビは,農薬適正使用判定支援システム,農薬使用自動認識・現場警告システム,病虫害発生事例ベース・リスク評価システムから構成される[2].農薬ナビは,現在,公開実証試験を継続しており,利用者登録をすることにより自由に利用できる.

M3 - 記事

VL - 51

SP - 248

EP - 253

JO - オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学

JF - オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学

SN - 0030-3674

IS - 5

ER -