近代日本陶磁器業における技術導入: 石炭窯の事例

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

陶磁器の焼成技術としては、近世来の登り窯が明治まで使われていた。登り窯もまた薪の焼成のためには燃料費削減に適した技術だったのであるが、森林の伐採による薪価格の高騰という状況を受け、より安価な石炭へと燃料が転換していく様子を明らかにした。しかし石炭窯の利用は、技術が安定すれば「純白さ」という点で品質向上となるが、安定しなければ「安かろう悪かろう」となる。多様な理由で新技術が導入されていく点にも着目している。
Original languageJapanese
Pages (from-to)13-23
Number of pages11
Journal経済学研究(東京大学)
Issue number45
Publication statusPublished - Mar 2003

Cite this