63 植物成長阻害物質シアナミドのマメ科植物における分布とその活性(1-(3)雑草害、競争、他感作用)(1. 雑草)

Translated title of the contribution: 63 Distribution of a plant growth inhibitor, cyanamide in leguminous plants and its plant growth inhibitory activity

中島 江里, 平舘 俊太郎, 加茂 綱嗣, 藤井 義晴

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

近年、強い雑草抑制効果を有するヘアリーベッチ(Vicia villosa Roth)の作用成分として、シアナミドが単離・同定された。シアナミドは窒素肥料である石灰窒素の主成分でもあり、休眠打破剤としても利用されているが、自然界に存在していることは知られていなかった。また、従来報告されているヘアリーベッチによる家畜の中毒現象の原因物質である可能性も考えられ、シアナミドはヘアリーベッチの体内成分として、自然界において重要な役割を果たしている可能性が強く示唆される。そこで本研究では、最終的に植物界におけるシアナミドの分布とその役割について解明することを目的とし、まず、Vicia属およびその他数種のマメ科植物におけるシアナミドの分布と、シアナミドの各種植物に対する生育阻害活性について調べた。
Original languageJapanese
Pages (from-to)136-137
Number of pages2
Journal雑草研究
Issue number42
Publication statusPublished - Apr 19 2003

Cite this

63 植物成長阻害物質シアナミドのマメ科植物における分布とその活性(1-(3)雑草害、競争、他感作用)(1. 雑草). / 中島江里; 平舘俊太郎; 加茂綱嗣; 藤井義晴.

In: 雑草研究, No. 42, 19.04.2003, p. 136-137.

Research output: Contribution to journalArticle

@article{34a82f7a994341de8577f8af5c0d49a7,
title = "63 植物成長阻害物質シアナミドのマメ科植物における分布とその活性(1-(3)雑草害、競争、他感作用)(1. 雑草)",
abstract = "近年、強い雑草抑制効果を有するヘアリーベッチ(Vicia villosa Roth)の作用成分として、シアナミドが単離・同定された。シアナミドは窒素肥料である石灰窒素の主成分でもあり、休眠打破剤としても利用されているが、自然界に存在していることは知られていなかった。また、従来報告されているヘアリーベッチによる家畜の中毒現象の原因物質である可能性も考えられ、シアナミドはヘアリーベッチの体内成分として、自然界において重要な役割を果たしている可能性が強く示唆される。そこで本研究では、最終的に植物界におけるシアナミドの分布とその役割について解明することを目的とし、まず、Vicia属およびその他数種のマメ科植物におけるシアナミドの分布と、シアナミドの各種植物に対する生育阻害活性について調べた。",
author = "江里 中島 and 俊太郎 平舘 and 綱嗣 加茂 and 義晴 藤井",
year = "2003",
month = "4",
day = "19",
language = "Japanese",
pages = "136--137",
journal = "雑草研究",
issn = "0372-798X",
publisher = "日本雑草学会",
number = "42",

}

TY - JOUR

T1 - 63 植物成長阻害物質シアナミドのマメ科植物における分布とその活性(1-(3)雑草害、競争、他感作用)(1. 雑草)

AU - 中島, 江里

AU - 平舘, 俊太郎

AU - 加茂, 綱嗣

AU - 藤井, 義晴

PY - 2003/4/19

Y1 - 2003/4/19

N2 - 近年、強い雑草抑制効果を有するヘアリーベッチ(Vicia villosa Roth)の作用成分として、シアナミドが単離・同定された。シアナミドは窒素肥料である石灰窒素の主成分でもあり、休眠打破剤としても利用されているが、自然界に存在していることは知られていなかった。また、従来報告されているヘアリーベッチによる家畜の中毒現象の原因物質である可能性も考えられ、シアナミドはヘアリーベッチの体内成分として、自然界において重要な役割を果たしている可能性が強く示唆される。そこで本研究では、最終的に植物界におけるシアナミドの分布とその役割について解明することを目的とし、まず、Vicia属およびその他数種のマメ科植物におけるシアナミドの分布と、シアナミドの各種植物に対する生育阻害活性について調べた。

AB - 近年、強い雑草抑制効果を有するヘアリーベッチ(Vicia villosa Roth)の作用成分として、シアナミドが単離・同定された。シアナミドは窒素肥料である石灰窒素の主成分でもあり、休眠打破剤としても利用されているが、自然界に存在していることは知られていなかった。また、従来報告されているヘアリーベッチによる家畜の中毒現象の原因物質である可能性も考えられ、シアナミドはヘアリーベッチの体内成分として、自然界において重要な役割を果たしている可能性が強く示唆される。そこで本研究では、最終的に植物界におけるシアナミドの分布とその役割について解明することを目的とし、まず、Vicia属およびその他数種のマメ科植物におけるシアナミドの分布と、シアナミドの各種植物に対する生育阻害活性について調べた。

UR - http://ci.nii.ac.jp/naid/110003964028

M3 - 記事

SP - 136

EP - 137

JO - 雑草研究

JF - 雑草研究

SN - 0372-798X

IS - 42

ER -