コンピュータによる授業評価システムに関する文献的考察

Translated title of the contribution: A Literature Review of Computerized Systems for Course Evaluation

松尾 和枝, 本田 多美枝, 江島 仁子

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

学生による授業評価に双方向性をもたせ、組織的・即時的に授業改善に活かすシステムづくりは、多くの大学で課題となっており、近年は、コンピュータの利用が注目されている。2002年から2007年の5年間を対象に、コンピュータによる授業評価システムに関する文献検討を行った。その結果、(1)授業評価システムのコンピュータ化は年々増加しているが、看護を含む保健医療分野での取り組みは報告がない、(2)システムはWeb上に作成することにより、組織的に実施することが可能となる、(3)媒体として携帯電話の利用は有用である、(4)授業評価システムは単独ではなく、多機能な学習支援システムの一部として統合できる可能性がある、(5)有用な授業評価システムにするには運用上の工夫が必要である、ことが明らかとなった。
Original languageJapanese
Pages (from-to)29-34
Number of pages6
Journal日本赤十字九州国際看護大学intramural research report
Volume7
DOIs
Publication statusPublished - Sep 30 2009

Cite this

コンピュータによる授業評価システムに関する文献的考察. / 松尾和枝; 本田多美枝; 江島仁子.

In: 日本赤十字九州国際看護大学intramural research report, Vol. 7, 30.09.2009, p. 29-34.

Research output: Contribution to journalArticle

@article{b4083f923f4246ab89801e4dbcd599f8,
title = "コンピュータによる授業評価システムに関する文献的考察",
abstract = "学生による授業評価に双方向性をもたせ、組織的・即時的に授業改善に活かすシステムづくりは、多くの大学で課題となっており、近年は、コンピュータの利用が注目されている。2002年から2007年の5年間を対象に、コンピュータによる授業評価システムに関する文献検討を行った。その結果、(1)授業評価システムのコンピュータ化は年々増加しているが、看護を含む保健医療分野での取り組みは報告がない、(2)システムはWeb上に作成することにより、組織的に実施することが可能となる、(3)媒体として携帯電話の利用は有用である、(4)授業評価システムは単独ではなく、多機能な学習支援システムの一部として統合できる可能性がある、(5)有用な授業評価システムにするには運用上の工夫が必要である、ことが明らかとなった。",
author = "和枝 松尾 and 多美枝 本田 and 仁子 江島",
year = "2009",
month = "9",
day = "30",
doi = "10.15019/00000058",
language = "Japanese",
volume = "7",
pages = "29--34",
journal = "日本赤十字九州国際看護大学intramural research report",
issn = "1347-8877",
publisher = "日本赤十字九州国際看護大学",

}

TY - JOUR

T1 - コンピュータによる授業評価システムに関する文献的考察

AU - 松尾, 和枝

AU - 本田, 多美枝

AU - 江島, 仁子

PY - 2009/9/30

Y1 - 2009/9/30

N2 - 学生による授業評価に双方向性をもたせ、組織的・即時的に授業改善に活かすシステムづくりは、多くの大学で課題となっており、近年は、コンピュータの利用が注目されている。2002年から2007年の5年間を対象に、コンピュータによる授業評価システムに関する文献検討を行った。その結果、(1)授業評価システムのコンピュータ化は年々増加しているが、看護を含む保健医療分野での取り組みは報告がない、(2)システムはWeb上に作成することにより、組織的に実施することが可能となる、(3)媒体として携帯電話の利用は有用である、(4)授業評価システムは単独ではなく、多機能な学習支援システムの一部として統合できる可能性がある、(5)有用な授業評価システムにするには運用上の工夫が必要である、ことが明らかとなった。

AB - 学生による授業評価に双方向性をもたせ、組織的・即時的に授業改善に活かすシステムづくりは、多くの大学で課題となっており、近年は、コンピュータの利用が注目されている。2002年から2007年の5年間を対象に、コンピュータによる授業評価システムに関する文献検討を行った。その結果、(1)授業評価システムのコンピュータ化は年々増加しているが、看護を含む保健医療分野での取り組みは報告がない、(2)システムはWeb上に作成することにより、組織的に実施することが可能となる、(3)媒体として携帯電話の利用は有用である、(4)授業評価システムは単独ではなく、多機能な学習支援システムの一部として統合できる可能性がある、(5)有用な授業評価システムにするには運用上の工夫が必要である、ことが明らかとなった。

U2 - 10.15019/00000058

DO - 10.15019/00000058

M3 - 記事

VL - 7

SP - 29

EP - 34

JO - 日本赤十字九州国際看護大学intramural research report

JF - 日本赤十字九州国際看護大学intramural research report

SN - 1347-8877

ER -