ソーシャルストリーム閲覧時の振舞いを利用したユーザプロファイル構成手法

Translated title of the contribution: A Method for Composing a User Profile Based on Browsing Behaviors on Social Streams

土岐 真里奈, 牛尼 剛聡

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

本論文では,Twitterに代表されるソーシャルストリームに対するユーザの閲覧時の振舞いから,ユーザのプロファイルを構成する手法を提案し,被験者実験により有効性を評価する.本手法では,ソーシャルストリームの閲覧時におけるユーザのスクロール操作を利用し,各ツイートを読む時間(滞留時間)を推定する.そして,推定した滞留時間に基づいてユーザプロファイルを構成する.本論文で提案するユーザプロファイルは,単語に対する興味を表す「興味単語プロファイル」と,コンテンツの発信者に対する興味を表す「興味ユーザプロファイル」から構成される.興味単語プロファイルを構成するために,TF-IDF法を滞留時間によって拡張したTF-IDF-RT法を提案する.また,興味ユーザプロファイルを構成するために,滞留時間に基づいてユーザが興味を持つ投稿者を推定する手法を提案する.提案手法で構成したユーザプロファイルを利用して推薦されるツイートに対して,ユーザが興味の度合いを評価するタスクに関する被験者実験の結果に基づいて,提案手法の有効性を示す.In this paper, we introduce a method for composing a user profile of a user based on browsing behaviors of the user on social streams such as Twitter, and evaluate the effectiveness of our method based on subjective experiment results. The proposal method estimates the time of reading each tweet (retention time) in a timeline according to scrolling operations of the user on the timeline, then compose a profile of the user based on the estimated retention times. The user profile that is proposed in this paper consists of interest word profile and interest user profile; an interest word profile represents which subjects the user is interested in, on the other hand, an interest user profile represents which users the user is interested in. In order to compose an interest word profile, we introduce the IF-IDF-RT method, which is an expansion of the TF-IDF method with the retention time. On the other hand, in order to compose an interest user profile, we introduced an technique for estimating other users who interests the system based on the retention time. We evaluate the effectiveness of our method based on subjective experiment results on the tasks that extract tweets that interest the subjects from timelines by means of the user profiles that our method composed.
Original languageJapanese
Pages (from-to)35-45
Number of pages11
Journal情報処理学会論文誌データベース(TOD)
Volume6
Issue number4
Publication statusPublished - Sep 27 2013

Cite this

@article{170a04df1e1242b79ee8ea7c9c2cca8e,
title = "ソーシャルストリーム閲覧時の振舞いを利用したユーザプロファイル構成手法",
abstract = "本論文では,Twitterに代表されるソーシャルストリームに対するユーザの閲覧時の振舞いから,ユーザのプロファイルを構成する手法を提案し,被験者実験により有効性を評価する.本手法では,ソーシャルストリームの閲覧時におけるユーザのスクロール操作を利用し,各ツイートを読む時間(滞留時間)を推定する.そして,推定した滞留時間に基づいてユーザプロファイルを構成する.本論文で提案するユーザプロファイルは,単語に対する興味を表す「興味単語プロファイル」と,コンテンツの発信者に対する興味を表す「興味ユーザプロファイル」から構成される.興味単語プロファイルを構成するために,TF-IDF法を滞留時間によって拡張したTF-IDF-RT法を提案する.また,興味ユーザプロファイルを構成するために,滞留時間に基づいてユーザが興味を持つ投稿者を推定する手法を提案する.提案手法で構成したユーザプロファイルを利用して推薦されるツイートに対して,ユーザが興味の度合いを評価するタスクに関する被験者実験の結果に基づいて,提案手法の有効性を示す.In this paper, we introduce a method for composing a user profile of a user based on browsing behaviors of the user on social streams such as Twitter, and evaluate the effectiveness of our method based on subjective experiment results. The proposal method estimates the time of reading each tweet (retention time) in a timeline according to scrolling operations of the user on the timeline, then compose a profile of the user based on the estimated retention times. The user profile that is proposed in this paper consists of interest word profile and interest user profile; an interest word profile represents which subjects the user is interested in, on the other hand, an interest user profile represents which users the user is interested in. In order to compose an interest word profile, we introduce the IF-IDF-RT method, which is an expansion of the TF-IDF method with the retention time. On the other hand, in order to compose an interest user profile, we introduced an technique for estimating other users who interests the system based on the retention time. We evaluate the effectiveness of our method based on subjective experiment results on the tasks that extract tweets that interest the subjects from timelines by means of the user profiles that our method composed.",
author = "真里奈 土岐 and 剛聡 牛尼",
year = "2013",
month = "9",
day = "27",
language = "Japanese",
volume = "6",
pages = "35--45",
journal = "情報処理学会論文誌データベース(TOD)",
issn = "1882-7799",
publisher = "一般社団法人情報処理学会",
number = "4",

}

TY - JOUR

T1 - ソーシャルストリーム閲覧時の振舞いを利用したユーザプロファイル構成手法

AU - 土岐, 真里奈

AU - 牛尼, 剛聡

PY - 2013/9/27

Y1 - 2013/9/27

N2 - 本論文では,Twitterに代表されるソーシャルストリームに対するユーザの閲覧時の振舞いから,ユーザのプロファイルを構成する手法を提案し,被験者実験により有効性を評価する.本手法では,ソーシャルストリームの閲覧時におけるユーザのスクロール操作を利用し,各ツイートを読む時間(滞留時間)を推定する.そして,推定した滞留時間に基づいてユーザプロファイルを構成する.本論文で提案するユーザプロファイルは,単語に対する興味を表す「興味単語プロファイル」と,コンテンツの発信者に対する興味を表す「興味ユーザプロファイル」から構成される.興味単語プロファイルを構成するために,TF-IDF法を滞留時間によって拡張したTF-IDF-RT法を提案する.また,興味ユーザプロファイルを構成するために,滞留時間に基づいてユーザが興味を持つ投稿者を推定する手法を提案する.提案手法で構成したユーザプロファイルを利用して推薦されるツイートに対して,ユーザが興味の度合いを評価するタスクに関する被験者実験の結果に基づいて,提案手法の有効性を示す.In this paper, we introduce a method for composing a user profile of a user based on browsing behaviors of the user on social streams such as Twitter, and evaluate the effectiveness of our method based on subjective experiment results. The proposal method estimates the time of reading each tweet (retention time) in a timeline according to scrolling operations of the user on the timeline, then compose a profile of the user based on the estimated retention times. The user profile that is proposed in this paper consists of interest word profile and interest user profile; an interest word profile represents which subjects the user is interested in, on the other hand, an interest user profile represents which users the user is interested in. In order to compose an interest word profile, we introduce the IF-IDF-RT method, which is an expansion of the TF-IDF method with the retention time. On the other hand, in order to compose an interest user profile, we introduced an technique for estimating other users who interests the system based on the retention time. We evaluate the effectiveness of our method based on subjective experiment results on the tasks that extract tweets that interest the subjects from timelines by means of the user profiles that our method composed.

AB - 本論文では,Twitterに代表されるソーシャルストリームに対するユーザの閲覧時の振舞いから,ユーザのプロファイルを構成する手法を提案し,被験者実験により有効性を評価する.本手法では,ソーシャルストリームの閲覧時におけるユーザのスクロール操作を利用し,各ツイートを読む時間(滞留時間)を推定する.そして,推定した滞留時間に基づいてユーザプロファイルを構成する.本論文で提案するユーザプロファイルは,単語に対する興味を表す「興味単語プロファイル」と,コンテンツの発信者に対する興味を表す「興味ユーザプロファイル」から構成される.興味単語プロファイルを構成するために,TF-IDF法を滞留時間によって拡張したTF-IDF-RT法を提案する.また,興味ユーザプロファイルを構成するために,滞留時間に基づいてユーザが興味を持つ投稿者を推定する手法を提案する.提案手法で構成したユーザプロファイルを利用して推薦されるツイートに対して,ユーザが興味の度合いを評価するタスクに関する被験者実験の結果に基づいて,提案手法の有効性を示す.In this paper, we introduce a method for composing a user profile of a user based on browsing behaviors of the user on social streams such as Twitter, and evaluate the effectiveness of our method based on subjective experiment results. The proposal method estimates the time of reading each tweet (retention time) in a timeline according to scrolling operations of the user on the timeline, then compose a profile of the user based on the estimated retention times. The user profile that is proposed in this paper consists of interest word profile and interest user profile; an interest word profile represents which subjects the user is interested in, on the other hand, an interest user profile represents which users the user is interested in. In order to compose an interest word profile, we introduce the IF-IDF-RT method, which is an expansion of the TF-IDF method with the retention time. On the other hand, in order to compose an interest user profile, we introduced an technique for estimating other users who interests the system based on the retention time. We evaluate the effectiveness of our method based on subjective experiment results on the tasks that extract tweets that interest the subjects from timelines by means of the user profiles that our method composed.

M3 - 記事

VL - 6

SP - 35

EP - 45

JO - 情報処理学会論文誌データベース(TOD)

JF - 情報処理学会論文誌データベース(TOD)

SN - 1882-7799

IS - 4

ER -