歴史的建造物を有する街区における社会実験を通した環境デザイン教育

Translated title of the contribution: An Environmental Design Education through a Social Experiment in a District with Historic Architectures

土屋 和男, 黒瀬 武史

Research output: Contribution to journalArticlepeer-review

Abstract

 清水港日の出地区に、昭和10年代に建てられた、木造石張りの倉庫群がある。筆者らは、これを建築史・都市形成史的に見て、地域資源ととらえ、2012年以来年1回、前面道路の占用許可を取り、賑わい創出の社会実験「ミナトブンカサイ」を行ってきた。この試みを通して明らかになってきた造形分野、特に環境デザインにおけるPBLを実践する意義と問題点等について述べる。
Translated title of the contributionAn Environmental Design Education through a Social Experiment in a District with Historic Architectures
Original languageJapanese
Pages (from-to)119-126
Number of pages8
Journal常葉大学造形学部紀要 = Tokoha University, Faculty of Art and Design research review
Issue number14
Publication statusPublished - 2016

Cite this