実証主義とテクスト主義を超えて

歴史研究者は保苅実から何を得たか (特集 保苅実記念シンポジウム いまあらためて「保苅実の世界」を探る)

Translated title of the contribution: Beyond Positivism and Textualism: What did Historians Learn from Minoru Hokari?

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)27-34
Number of pages8
Journal日本オーラル・ヒストリー研究 = Japan oral history review
Volume13
Publication statusPublished - 2017

Cite this

@article{4f56260cfa404ae28c6ca90d514da308,
title = "実証主義とテクスト主義を超えて: 歴史研究者は保苅実から何を得たか (特集 保苅実記念シンポジウム いまあらためて「保苅実の世界」を探る)",
author = "康浩 松井",
year = "2017",
language = "Japanese",
volume = "13",
pages = "27--34",
journal = "日本オーラル・ヒストリー研究 = Japan oral history review",
issn = "1882-3033",
publisher = "日本オーラル・ヒストリー学会",

}

TY - JOUR

T1 - 実証主義とテクスト主義を超えて

T2 - 歴史研究者は保苅実から何を得たか (特集 保苅実記念シンポジウム いまあらためて「保苅実の世界」を探る)

AU - 松井, 康浩

PY - 2017

Y1 - 2017

M3 - 記事

VL - 13

SP - 27

EP - 34

JO - 日本オーラル・ヒストリー研究 = Japan oral history review

JF - 日本オーラル・ヒストリー研究 = Japan oral history review

SN - 1882-3033

ER -