三菱端島における労働者の性格について: 敗戦から1960年代後半までの石炭産業

Translated title of the contribution: Characteristics of miners in the Japanese coal industry: Hashima coal mine of Mitsubishi Mining Company Ltd., from 1945 to the 1960s

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

The purpose of this paper is to examine the basic characteristics of miners, especially career, age, and origin, analyzing individual data of miners working in Hashima coal mine. In the latter half of the 1940s, many natives of the western regions of Chugoku and Shikoku worked in Hashima coal mine in northern Kyushu, just as they did in prewar days. However, in the first half of the 1950s when the coal industry was thriving, young people from the agricultural areas in southern Kyushu moved to northern Kyushu to work in the coal mines. The latter half of the 1950s witnessed a different phase when the coal industry became structurally depressed. Hashima coal mine mainly employed workers born in southern Kyushu who had worked in other northern Kyushu industries or collieries. In addition, three facts were proven by the analysis of miners' careers and occupations. First, workers from the agricultural areas were employed as untrained labour, and workers who had work experience in other industries or collieries were employed as skilled labour. Second, many workers' children were employed in Hashima coal mine as apprentices to skilled workers. Finally, in many cases miners with work experience in small- and medium-sized collieries were employed later in major colliery companies like Hashima coal mine.
Original languageJapanese
Pages (from-to)203-224
Number of pages22
Journal社会経済史学
Volume76
Issue number2
DOIs
Publication statusPublished - Aug 2010

Fingerprint

Coal
Industry
Population Groups
Occupations
Miners
Coal Industry

Cite this

三菱端島における労働者の性格について : 敗戦から1960年代後半までの石炭産業. / 宮地英敏.

In: 社会経済史学, Vol. 76, No. 2, 08.2010, p. 203-224.

Research output: Contribution to journalArticle

@article{ee9e9c4cd4ca461988131f3ee7f31c74,
title = "三菱端島における労働者の性格について: 敗戦から1960年代後半までの石炭産業",
abstract = "戦後の三菱鉱業端島坑(軍艦島)を対象として、そこで働く労働者の多様性を分析した論文である。中四国から北部九州へという戦前来の労働移動の傾向は1940年代後半で途切れ、1950年代には南九州の農村から来訪する労働者が増えたが、彼らは非熟練の肉体労働に従事する者が多かった。一方で、炭鉱労働者の子弟達は優先的に高い技術を要する職場に振り当てられていた。また1960年代以降になると、大手炭鉱である三菱にも、中小炭鉱で技術を習得した者たちが多く採用されている様子が確認できた。",
author = "英敏 宮地",
year = "2010",
month = "8",
doi = "10.20624/sehs.76.2_203",
language = "Japanese",
volume = "76",
pages = "203--224",
journal = "Shakai keizai shigaku / Shakai Keizai Shigakkai",
issn = "0038-0113",
publisher = "社会経済史学会",
number = "2",

}

TY - JOUR

T1 - 三菱端島における労働者の性格について

T2 - 敗戦から1960年代後半までの石炭産業

AU - 宮地, 英敏

PY - 2010/8

Y1 - 2010/8

N2 - 戦後の三菱鉱業端島坑(軍艦島)を対象として、そこで働く労働者の多様性を分析した論文である。中四国から北部九州へという戦前来の労働移動の傾向は1940年代後半で途切れ、1950年代には南九州の農村から来訪する労働者が増えたが、彼らは非熟練の肉体労働に従事する者が多かった。一方で、炭鉱労働者の子弟達は優先的に高い技術を要する職場に振り当てられていた。また1960年代以降になると、大手炭鉱である三菱にも、中小炭鉱で技術を習得した者たちが多く採用されている様子が確認できた。

AB - 戦後の三菱鉱業端島坑(軍艦島)を対象として、そこで働く労働者の多様性を分析した論文である。中四国から北部九州へという戦前来の労働移動の傾向は1940年代後半で途切れ、1950年代には南九州の農村から来訪する労働者が増えたが、彼らは非熟練の肉体労働に従事する者が多かった。一方で、炭鉱労働者の子弟達は優先的に高い技術を要する職場に振り当てられていた。また1960年代以降になると、大手炭鉱である三菱にも、中小炭鉱で技術を習得した者たちが多く採用されている様子が確認できた。

U2 - 10.20624/sehs.76.2_203

DO - 10.20624/sehs.76.2_203

M3 - 記事

VL - 76

SP - 203

EP - 224

JO - Shakai keizai shigaku / Shakai Keizai Shigakkai

JF - Shakai keizai shigaku / Shakai Keizai Shigakkai

SN - 0038-0113

IS - 2

ER -