日本語教育と芸術学のコラボレーション: 大阪大学文学部におけるCLILの試み (特集 第二言語習得・言語教育からみた「タスク中心の教授法(TBLT)」)

Translated title of the contribution: Collaboration of art and language teaching: A CLIL programme at Osaka University

青木 直子, 脇坂 真彩子, 小林 浩明

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)91-106
Number of pages16
Journal第二言語としての日本語の習得研究
Issue number16
Publication statusPublished - Dec 2013

Cite this

@article{bfc1a5b343534397bd2c905bcc6e0cf5,
title = "日本語教育と芸術学のコラボレーション: 大阪大学文学部におけるCLILの試み (特集 第二言語習得・言語教育からみた「タスク中心の教授法(TBLT)」)",
author = "直子 青木 and 真彩子 脇坂 and 浩明 小林",
year = "2013",
month = "12",
language = "Japanese",
pages = "91--106",
journal = "第二言語としての日本語の習得研究",
issn = "1343-1161",
publisher = "凡人社",
number = "16",

}

TY - JOUR

T1 - 日本語教育と芸術学のコラボレーション

T2 - 大阪大学文学部におけるCLILの試み (特集 第二言語習得・言語教育からみた「タスク中心の教授法(TBLT)」)

AU - 青木, 直子

AU - 脇坂, 真彩子

AU - 小林, 浩明

PY - 2013/12

Y1 - 2013/12

M3 - 記事

SP - 91

EP - 106

JO - 第二言語としての日本語の習得研究

JF - 第二言語としての日本語の習得研究

SN - 1343-1161

IS - 16

ER -