計算効率とメモリ量を考慮した AMR データ構造の設計

Translated title of the contribution: Design of AMR data structure considering efficiency and less footprint

Research output: Chapter in Book/Report/Conference proceedingConference contribution

Original languageJapanese
Title of host publication計算工学講演会論文集
Publisher日本計算工学会
Number of pages3
Volume23
Publication statusPublished - Jun 2018

Cite this

Ono, K. (2018). 計算効率とメモリ量を考慮した AMR データ構造の設計. In 計算工学講演会論文集 (Vol. 23). 日本計算工学会.

計算効率とメモリ量を考慮した AMR データ構造の設計. / Ono, Kenji.

計算工学講演会論文集. Vol. 23 日本計算工学会, 2018.

Research output: Chapter in Book/Report/Conference proceedingConference contribution

Ono, K 2018, 計算効率とメモリ量を考慮した AMR データ構造の設計. in 計算工学講演会論文集. vol. 23, 日本計算工学会.
Ono K. 計算効率とメモリ量を考慮した AMR データ構造の設計. In 計算工学講演会論文集. Vol. 23. 日本計算工学会. 2018
Ono, Kenji. / 計算効率とメモリ量を考慮した AMR データ構造の設計. 計算工学講演会論文集. Vol. 23 日本計算工学会, 2018.
@inproceedings{0ea43df8063d44768c8a822249dbefa2,
title = "計算効率とメモリ量を考慮した AMR データ構造の設計",
author = "Kenji Ono",
year = "2018",
month = "6",
language = "Japanese",
volume = "23",
booktitle = "計算工学講演会論文集",
publisher = "日本計算工学会",

}

TY - GEN

T1 - 計算効率とメモリ量を考慮した AMR データ構造の設計

AU - Ono, Kenji

PY - 2018/6

Y1 - 2018/6

M3 - 会議での発言

VL - 23

BT - 計算工学講演会論文集

PB - 日本計算工学会

ER -