最適聴取レベルと音の大きさ評価における男女差: BGM,サイン音,アナウンス,自然環境音を対象として

Translated title of the contribution: Differences in the preferred listening levels of ambient music, sound signs, public announcements and natural environmental sounds between men and women

濱村 真理子, 青野 まなみ, 岩宮 眞一郎

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

BGM,サイン音とアナウンス,自然環境音の丁度よいと感じられる音量(最適聴取レベル)を調整法により測定し,その男女差の有無を検討した。BGM,サイン音,アナウンスの最適聴取レベルに男女差が認められ,女性よりも男性の方が最適聴取レベルを高く設定していた。自然環境音の場合には最適聴取レベルに男女差は認められなかった。同一音圧レベルを女性よりも男性の方がより小さいと感じるため,男性が要求する音の大きさを満たすためには女性よりも聴取レベルを高く設定する必要が生じたと考えられる。しかし,自然環境音の最適聴取レベルは実際に聴いて記憶された音量に合わせて設定されたために,男女差が生じなかったのであろう。
Translated title of the contributionDifferences in the preferred listening levels of ambient music, sound signs, public announcements and natural environmental sounds between men and women
Original languageJapanese
Pages (from-to)65-72
Number of pages8
Journal日本音響学会誌
Volume71
Issue number2
Publication statusPublished - Feb 2015

Cite this