うず点モデルによるはく離泡のシミュレーション

Translated title of the contribution: Discrete-Vortex Simulation of a Turbulent Separation Bubble

Masaru Kiya, Mikio Arie, Kyuro Sasaki

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

前面に垂直な角を有する熱い平板に形成されるはく離泡を伴う流れ場をうず点モデルにより取扱った.計算においては,うず糸の三次元的な変形の効果をうず点の循環の時間減衰により近似し,壁面近傍の粘性効果に対しては簡単な取扱いをした.速度分布,圧力分布およびそれらの変動値についての計算値と実験値の一致は比較的良好であった.また,はく離泡を構成する大きなうず構造と壁面圧力変動分布との関連を明らかにした.
Original languageJapanese
Pages (from-to)923-930
Number of pages8
JournalNihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part B
Volume49
Issue number441
DOIs
Publication statusPublished - May 25 1983

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • Fluid Flow and Transfer Processes
  • Engineering(all)

Cite this

うず点モデルによるはく離泡のシミュレーション. / Kiya, Masaru; Arie, Mikio; Sasaki, Kyuro.

In: Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part B, Vol. 49, No. 441, 25.05.1983, p. 923-930.

Research output: Contribution to journalArticle

@article{faa708dc77aa410394a21ef9fa0a7353,
title = "うず点モデルによるはく離泡のシミュレーション",
abstract = "前面に垂直な角を有する熱い平板に形成されるはく離泡を伴う流れ場をうず点モデルにより取扱った.計算においては,うず糸の三次元的な変形の効果をうず点の循環の時間減衰により近似し,壁面近傍の粘性効果に対しては簡単な取扱いをした.速度分布,圧力分布およびそれらの変動値についての計算値と実験値の一致は比較的良好であった.また,はく離泡を構成する大きなうず構造と壁面圧力変動分布との関連を明らかにした.",
author = "Masaru Kiya and Mikio Arie and Kyuro Sasaki",
year = "1983",
month = "5",
day = "25",
doi = "10.1299/kikaib.49.923",
language = "Japanese",
volume = "49",
pages = "923--930",
journal = "Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part B",
issn = "0387-5016",
publisher = "The Japan Society of Mechanical Engineers",
number = "441",

}

TY - JOUR

T1 - うず点モデルによるはく離泡のシミュレーション

AU - Kiya, Masaru

AU - Arie, Mikio

AU - Sasaki, Kyuro

PY - 1983/5/25

Y1 - 1983/5/25

N2 - 前面に垂直な角を有する熱い平板に形成されるはく離泡を伴う流れ場をうず点モデルにより取扱った.計算においては,うず糸の三次元的な変形の効果をうず点の循環の時間減衰により近似し,壁面近傍の粘性効果に対しては簡単な取扱いをした.速度分布,圧力分布およびそれらの変動値についての計算値と実験値の一致は比較的良好であった.また,はく離泡を構成する大きなうず構造と壁面圧力変動分布との関連を明らかにした.

AB - 前面に垂直な角を有する熱い平板に形成されるはく離泡を伴う流れ場をうず点モデルにより取扱った.計算においては,うず糸の三次元的な変形の効果をうず点の循環の時間減衰により近似し,壁面近傍の粘性効果に対しては簡単な取扱いをした.速度分布,圧力分布およびそれらの変動値についての計算値と実験値の一致は比較的良好であった.また,はく離泡を構成する大きなうず構造と壁面圧力変動分布との関連を明らかにした.

UR - https://www.jstage.jst.go.jp/article/kikaib1979/49/441/49_441_923/_article/references/-char/ja/

U2 - 10.1299/kikaib.49.923

DO - 10.1299/kikaib.49.923

M3 - 記事

VL - 49

SP - 923

EP - 930

JO - Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part B

JF - Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part B

SN - 0387-5016

IS - 441

ER -