近代日本の中小陶磁器業における企業家活動: 籠橋休兵衛家を事例として

Translated title of the contribution: Entrepreneurial activities of small and medium-sized porcelain industries in modern Japan: on the case of Kagohashi family

Research output: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter (peer-reviewed)peer-review

Abstract

小零細経営が典型であった明治期の岐阜県東濃地方にあって、例外的に経営規模を拡大して中小企業へと成長した駄知村を、企業家籠橋休兵衛に焦点を当てて分析した。籠橋は、複数人で年3-4回ほど共同焼成するのが一般的であった登り窯を、年12回焼成へと独力で転換した。また、赤丼という新商品を中国向けに輸出することに成功した。そして籠橋休兵衛の成功は、駄知の同業者の真似するところとなり、例外的に中小企業の多い地域が誕生したのである。
Translated title of the contributionEntrepreneurial activities of small and medium-sized porcelain industries in modern Japan: on the case of Kagohashi family
Original languageJapanese
Title of host publication企業家研究
Publisher企業家研究フォーラム
Pages34-44
Number of pages11
Edition8
ISBN (Print)4641299366
Publication statusPublished - Jul 2011

Cite this