教育・所得水準とICT の普及に関するグローバルな動態変化の分析

デジタル・ディバイドから経済発展の可能性へ

Translated title of the contribution: Global views on the social-economic impact of ICTs: From digital divide to the development opportunities

Akihiko Shinozaki, Daisuke Tahara

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

The purpose of this paper is to observe how ICTs have been diffusing around the world based on the available long-run dataset, reviewing the global discussions on the social-economic impact of ICTs over the last two decades. For this purpose, we
built the global dataset that represents the pervasion of fixed telephone, mobile phone, and Internet as well as social-economic performances such as GDP per capita and adult literacy rate among 213 countries and regions. This study reveals that digital technologies, especially mobile phone, rapidly spread out in the mid-
2000s even in the least developed countries where GDP per capita and adult literacy rate are considerably low. As a result, Gini coefficient demonstrates that digital divide is beginning to close now.
Original languageJapanese
Pages (from-to)18-35
JournalInfoCom REVIEW
Publication statusPublished - Mar 2014

Fingerprint

GDP per capita
Literacy
Digital divide
Mobile phone
Economic impact
Telephone
Developed countries
Mobile internet
Gini coefficient
Internet economics
Digital technology
Economic performance
Reviewing

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • Economics, Econometrics and Finance(all)

Cite this

@article{3fef8aa27b04442cbc1205f5e1db7b6c,
title = "教育・所得水準とICT の普及に関するグローバルな動態変化の分析: デジタル・ディバイドから経済発展の可能性へ",
abstract = "本稿では、ICT(情報通信技術)のグローバルな普及が経済社会に及ぼす影響について、国際機関の論調がデジタル・ディバイドへの懸念から途上国を含めた経済発展の可能性へと変遷する中で、実態面にどのような動きがあったかを利用可能な長期統計データにもとづいて観察した。世界213カ国・地域の長期データ・セットを構築し、識字率や一人当たりGDPとICTの普及の関係を動的に俯瞰すると、今世紀に入ってからは、携帯電話やインターネットが教育水準や所得水準を問わず世界の隅々にまで急速に普及しており、格差の大きさを示すジニ係数の計測結果からは、携帯電話を中心にデジタル・ディバイドが大きく縮小している様子が明らかとなった。",
author = "Akihiko Shinozaki and Daisuke Tahara",
year = "2014",
month = "3",
language = "Japanese",
pages = "18--35",
journal = "InfoCom REVIEW",
issn = "1341-0024",

}

TY - JOUR

T1 - 教育・所得水準とICT の普及に関するグローバルな動態変化の分析

T2 - デジタル・ディバイドから経済発展の可能性へ

AU - Shinozaki, Akihiko

AU - Tahara, Daisuke

PY - 2014/3

Y1 - 2014/3

N2 - 本稿では、ICT(情報通信技術)のグローバルな普及が経済社会に及ぼす影響について、国際機関の論調がデジタル・ディバイドへの懸念から途上国を含めた経済発展の可能性へと変遷する中で、実態面にどのような動きがあったかを利用可能な長期統計データにもとづいて観察した。世界213カ国・地域の長期データ・セットを構築し、識字率や一人当たりGDPとICTの普及の関係を動的に俯瞰すると、今世紀に入ってからは、携帯電話やインターネットが教育水準や所得水準を問わず世界の隅々にまで急速に普及しており、格差の大きさを示すジニ係数の計測結果からは、携帯電話を中心にデジタル・ディバイドが大きく縮小している様子が明らかとなった。

AB - 本稿では、ICT(情報通信技術)のグローバルな普及が経済社会に及ぼす影響について、国際機関の論調がデジタル・ディバイドへの懸念から途上国を含めた経済発展の可能性へと変遷する中で、実態面にどのような動きがあったかを利用可能な長期統計データにもとづいて観察した。世界213カ国・地域の長期データ・セットを構築し、識字率や一人当たりGDPとICTの普及の関係を動的に俯瞰すると、今世紀に入ってからは、携帯電話やインターネットが教育水準や所得水準を問わず世界の隅々にまで急速に普及しており、格差の大きさを示すジニ係数の計測結果からは、携帯電話を中心にデジタル・ディバイドが大きく縮小している様子が明らかとなった。

M3 - 記事

SP - 18

EP - 35

JO - InfoCom REVIEW

JF - InfoCom REVIEW

SN - 1341-0024

ER -