国際比較による企業改革とIT導入効果の実証分析: アンケート調査結果のスコア化による日米独韓企業の特徴

Translated title of the contribution: Is Japan an outlier in the information age?: International comparisons on corporate reforms leveraged by information technology

Akihiko Shinozaki, Yusuke Yamamoto

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

The purpose of this study is to conduct an international comparison on corporate reforms and its effectiveness leveraged by introducing information technology based on the multinational survey of 18,500 firms (effective response from 1,288 firms) in Japan, United States, Germany, and Korea. Multiple comparison analysis revealed two observations. First, Japanese firms are less affirmative in corporate reforms than firms in the other countries, especially with regard to reforms which have implications outside of corporate walls. Second, due perhaps to their stance toward corporate reforms, Japanese firms are considerably behind in the effective use of information technology, especially in the area of the top management’s decision-making process and development of new value chains, even though they are on a par with their counterparts in the three other countries in the effectiveness leveraged by the technology at the shop-floor level, such as inventory reduction and improvement of workers’ job line efficiency. Consequently, it is suggested that reluctant corporate reforms resulted in the ineffective introduction of the information technology, which makes corporate Japan an outlier among four countries in the information age.
Original languageJapanese
Pages (from-to)26-47
JournalInfoCom REVIEW
VolumeNo. 48
Publication statusPublished - Aug 2009

Fingerprint

International comparison
Outliers
Japan
Information age
Japanese firms
Management decision-making
Workers
Multinationals
Top management
Korea
Shopfloor
Decision-making process
Germany
Multiple comparisons
Value chain

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • Economics, Econometrics and Finance(all)

Cite this

@article{0847239f27654a14beeb7c0f5be348d4,
title = "国際比較による企業改革とIT導入効果の実証分析: アンケート調査結果のスコア化による日米独韓企業の特徴",
abstract = "本研究は、日本、米国、ドイツ、韓国の企業合計18,500社に対して同時期に同一質問項目で実施したアンケート調査結果を踏まえて、IT導入に伴う企業改革やITの導入効果面で4カ国企業にどのような特徴が観察されるかを国際比較したものである。4カ国合計1,288社の有効回答をもとに多重検定を行った結果、次の2点が明らかとなった。第1に、企業改革では、韓国企業の積極性が目立つ一方、日本企業は多くの項目で他の3カ国企業に比べて企業改革の実施割合が有意に低く、社外も視野に入れた改革でその傾向が強いこと、第2に、IT導入効果では、米国企業と韓国企業で高い傾向にあり、日本企業は、作業効率の改善など現場レベルのコスト削減効果では他の3カ国企業に肩を並べているものの、上層部の意思決定など経営面の効果や新市場・新規顧客の開拓など社外に広がる価値創造の場面ではかなり見劣りがすることである。これらを総合すると、日本企業は、企業改革への消極姿勢がIT導入効果を削いでいる可能性が示唆される。",
author = "Akihiko Shinozaki and Yusuke Yamamoto",
year = "2009",
month = "8",
language = "Japanese",
volume = "No. 48",
pages = "26--47",
journal = "InfoCom REVIEW",
issn = "1341-0024",

}

TY - JOUR

T1 - 国際比較による企業改革とIT導入効果の実証分析

T2 - アンケート調査結果のスコア化による日米独韓企業の特徴

AU - Shinozaki, Akihiko

AU - Yamamoto, Yusuke

PY - 2009/8

Y1 - 2009/8

N2 - 本研究は、日本、米国、ドイツ、韓国の企業合計18,500社に対して同時期に同一質問項目で実施したアンケート調査結果を踏まえて、IT導入に伴う企業改革やITの導入効果面で4カ国企業にどのような特徴が観察されるかを国際比較したものである。4カ国合計1,288社の有効回答をもとに多重検定を行った結果、次の2点が明らかとなった。第1に、企業改革では、韓国企業の積極性が目立つ一方、日本企業は多くの項目で他の3カ国企業に比べて企業改革の実施割合が有意に低く、社外も視野に入れた改革でその傾向が強いこと、第2に、IT導入効果では、米国企業と韓国企業で高い傾向にあり、日本企業は、作業効率の改善など現場レベルのコスト削減効果では他の3カ国企業に肩を並べているものの、上層部の意思決定など経営面の効果や新市場・新規顧客の開拓など社外に広がる価値創造の場面ではかなり見劣りがすることである。これらを総合すると、日本企業は、企業改革への消極姿勢がIT導入効果を削いでいる可能性が示唆される。

AB - 本研究は、日本、米国、ドイツ、韓国の企業合計18,500社に対して同時期に同一質問項目で実施したアンケート調査結果を踏まえて、IT導入に伴う企業改革やITの導入効果面で4カ国企業にどのような特徴が観察されるかを国際比較したものである。4カ国合計1,288社の有効回答をもとに多重検定を行った結果、次の2点が明らかとなった。第1に、企業改革では、韓国企業の積極性が目立つ一方、日本企業は多くの項目で他の3カ国企業に比べて企業改革の実施割合が有意に低く、社外も視野に入れた改革でその傾向が強いこと、第2に、IT導入効果では、米国企業と韓国企業で高い傾向にあり、日本企業は、作業効率の改善など現場レベルのコスト削減効果では他の3カ国企業に肩を並べているものの、上層部の意思決定など経営面の効果や新市場・新規顧客の開拓など社外に広がる価値創造の場面ではかなり見劣りがすることである。これらを総合すると、日本企業は、企業改革への消極姿勢がIT導入効果を削いでいる可能性が示唆される。

M3 - 記事

VL - No. 48

SP - 26

EP - 47

JO - InfoCom REVIEW

JF - InfoCom REVIEW

SN - 1341-0024

ER -