『歌詞のない恋歌』における伝記的要素: 非人称的詩法とヴェルレーヌの自己表象

Translated title of the contribution: Le coté biographique des Romances sans paroles

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)189-202
Number of pages14
Journal日本フランス語フランス文学会関東支部論集
Issue number16
Publication statusPublished - Dec 20 2007

Cite this

@article{92ff0d2955434085a42af3f9d067c698,
title = "『歌詞のない恋歌』における伝記的要素: 非人称的詩法とヴェルレーヌの自己表象",
author = "健作 倉方",
year = "2007",
month = "12",
day = "20",
language = "Japanese",
pages = "189--202",
journal = "日本フランス語フランス文学会関東支部論集",
issn = "0919-4770",
publisher = "日本フランス語フランス文学会",
number = "16",

}

TY - JOUR

T1 - 『歌詞のない恋歌』における伝記的要素

T2 - 非人称的詩法とヴェルレーヌの自己表象

AU - 倉方, 健作

PY - 2007/12/20

Y1 - 2007/12/20

UR - http://ci.nii.ac.jp/naid/110009458843

M3 - 記事

SP - 189

EP - 202

JO - 日本フランス語フランス文学会関東支部論集

JF - 日本フランス語フランス文学会関東支部論集

SN - 0919-4770

IS - 16

ER -