出合い頭事故防止にむけた交差点環境の相互影響分析

Translated title of the contribution: Mutual effect analysis of intersection environment to prevent crossing collision accident

Takumi Nomura, masaki Hirota, Junya Sato

Research output: Contribution to conferencePaper

Abstract

出会い頭事故は環境要因が大きく影響するとされている。我々は、福岡市博多区にある 1,629 交差点の 環境要因と事故発生状況の関係を調査して十字路での直進交通による事故が多いことなどを明らかに した。本研究では、複数の環境要因の相互影響を調査することで事故原因を明らかにすることを試みた。 分析の結果、停止線の後退が信号機設置の有無に関わらず事故頻度が約 1.7 倍上昇させることが明らか になった。また、カーブミラーの設置で見通しを改善することにより事故頻度を約 10%低減できること がわかり、見通し改善対策による事故抑制の可能性があることも明らかにした。
Translated title of the contributionMutual effect analysis of intersection environment to prevent crossing collision accident
Original languageJapanese
Pagespp.4-B-02-
Number of pages6
Publication statusPublished - Dec 13 2019
Event17th ITS Symposium 2019 - 石川県地場産業振興センター 本館, Kanazawa, Japan
Duration: Dec 13 2019Dec 14 2019
https://www.its-jp.org/event/its_symposium/17th2019/

Conference

Conference17th ITS Symposium 2019
Country/TerritoryJapan
CityKanazawa
Period12/13/1912/14/19
Internet address

Fingerprint

Dive into the research topics of 'Mutual effect analysis of intersection environment to prevent crossing collision accident'. Together they form a unique fingerprint.

Cite this