オープンピット最終形状の最適化手法 (BPITC 法) の提案と金属品位推計シミュレーションデータを用いた初期 F/S

Translated title of the contribution: Optimization of open pit limit designs by newly BPITC approach and initial feasibility study using block grade data set estimated by geostatistical simulation

Kyuro Sasaki, Charles Dindiwe, Tsuyoshi Adachi

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract


In this paper, a new concept for final pit shape in open pit design, Best Positive Inverted Truncated Cone (BPITC) algorithm, is presented for feasibility study and basic scheduling. Five mineral deposit models were used for eventual surface mine design optimization. Initially, geological reserve models were simulated by the utilization of GSLIB using randomly and regularly spaced drill hole data. Effects of varying anisotropy on the obtained metal quantities in reserves were also investigated. The BPITC was successfully applied to 100-times simulated deposit data set using Geostatistical simulation code GSLIB. The optimization results by BPITC were compared with those obtained by Positive Moving Cone (PMC) and Dynamic Cone (DC) based algorithms for the same mineral deposit models. The obtained results indicate that BPITC is superior to all the other optimizers. Concequently, the frequency distribution curves of profits and pit incremental feature by BPITC give effective information on mineral project decision-making and mining sequencing respectively.
The conclusions from this study are summarized as follows:
1. It was proved that for any type of deposit, the usage of correct anisotropic factors used in GSLIB lead to correct evaluation of reserves.
2. All the profits / benefits computed for all the five model deposits show that a newly developed scheme named as BPITC can always indicate optimal solutions for final pit designs.
3. Conclusively, the frequency distribution curves of profits and pit incremental feature by BPITC give effective information on mineral project decision-making and mining sequencing, respectively.
Original languageJapanese
Pages (from-to)604-612
Number of pages9
JournalShigen to sozai
Volume117
Issue number7
DOIs
Publication statusPublished - Jul 25 2001

Fingerprint

feasibility study
Cones
mineral deposit
simulation
decision making
Profitability
Mineral resources
mineral
Deposits
anisotropy
Minerals
Decision making
metal
profit
Anisotropy
Metals
Scheduling
project
distribution

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • Earth and Planetary Sciences(all)
  • Materials Science(all)

Cite this

オープンピット最終形状の最適化手法 (BPITC 法) の提案と金属品位推計シミュレーションデータを用いた初期 F/S. / Sasaki, Kyuro; Dindiwe, Charles; Adachi, Tsuyoshi.

In: Shigen to sozai, Vol. 117, No. 7, 25.07.2001, p. 604-612.

Research output: Contribution to journalArticle

@article{0eac60a4927646179713416a5d999cea,
title = "オープンピット最終形状の最適化手法 (BPITC 法) の提案と金属品位推計シミュレーションデータを用いた初期 F/S",
abstract = "本研究では、初期F/Sにおいて,地質推計シミュレーションによって金属品位分布に関する多数のデータセットを得ることにより、各データセットに対する露天掘鉱山の最終採掘ピット形状を求める一連の初期F/Sのプロセスをモデル計算によって示した。したがって、統計的な推計範囲を有する金属品位分布を反映した最終ピット形状に対する統計的な収益分布が得られることから,鉱山開発におけるリスクの度合いを含む経営判断資料を得られることを明らかにした。また、鉱体における塊状あるいは層状の分布状況と金属品位推計を行ううえでの異方性ファクターなどとの閏連性についても考察した。さらに、初期F/Sにおける露天掴鉱山の最終ピット形状の最適化プロセスに闘し量ポジティブムービングコーン(PMC)法を改良したBPITC法を用いた計算アルゴリズムを提案し,経済的により坂適な最終ピット形状が得られることを示した。さらに、提案したBPITC法による計算プロセスが開鉱段階における採掘ピットの初期形状を決定するうえで利用可能であり、開発スケジューリングに対しでも有効なアルゴリズムであることを示した。",
author = "Kyuro Sasaki and Charles Dindiwe and Tsuyoshi Adachi",
year = "2001",
month = "7",
day = "25",
doi = "10.2473/shigentosozai.117.604",
language = "Japanese",
volume = "117",
pages = "604--612",
journal = "Shigen to sozai",
issn = "0916-1740",
number = "7",

}

TY - JOUR

T1 - オープンピット最終形状の最適化手法 (BPITC 法) の提案と金属品位推計シミュレーションデータを用いた初期 F/S

AU - Sasaki, Kyuro

AU - Dindiwe, Charles

AU - Adachi, Tsuyoshi

PY - 2001/7/25

Y1 - 2001/7/25

N2 - 本研究では、初期F/Sにおいて,地質推計シミュレーションによって金属品位分布に関する多数のデータセットを得ることにより、各データセットに対する露天掘鉱山の最終採掘ピット形状を求める一連の初期F/Sのプロセスをモデル計算によって示した。したがって、統計的な推計範囲を有する金属品位分布を反映した最終ピット形状に対する統計的な収益分布が得られることから,鉱山開発におけるリスクの度合いを含む経営判断資料を得られることを明らかにした。また、鉱体における塊状あるいは層状の分布状況と金属品位推計を行ううえでの異方性ファクターなどとの閏連性についても考察した。さらに、初期F/Sにおける露天掴鉱山の最終ピット形状の最適化プロセスに闘し量ポジティブムービングコーン(PMC)法を改良したBPITC法を用いた計算アルゴリズムを提案し,経済的により坂適な最終ピット形状が得られることを示した。さらに、提案したBPITC法による計算プロセスが開鉱段階における採掘ピットの初期形状を決定するうえで利用可能であり、開発スケジューリングに対しでも有効なアルゴリズムであることを示した。

AB - 本研究では、初期F/Sにおいて,地質推計シミュレーションによって金属品位分布に関する多数のデータセットを得ることにより、各データセットに対する露天掘鉱山の最終採掘ピット形状を求める一連の初期F/Sのプロセスをモデル計算によって示した。したがって、統計的な推計範囲を有する金属品位分布を反映した最終ピット形状に対する統計的な収益分布が得られることから,鉱山開発におけるリスクの度合いを含む経営判断資料を得られることを明らかにした。また、鉱体における塊状あるいは層状の分布状況と金属品位推計を行ううえでの異方性ファクターなどとの閏連性についても考察した。さらに、初期F/Sにおける露天掴鉱山の最終ピット形状の最適化プロセスに闘し量ポジティブムービングコーン(PMC)法を改良したBPITC法を用いた計算アルゴリズムを提案し,経済的により坂適な最終ピット形状が得られることを示した。さらに、提案したBPITC法による計算プロセスが開鉱段階における採掘ピットの初期形状を決定するうえで利用可能であり、開発スケジューリングに対しでも有効なアルゴリズムであることを示した。

UR - https://www.jstage.jst.go.jp/article/shigentosozai/117/7/117_7_604/_article/-char/ja/

U2 - 10.2473/shigentosozai.117.604

DO - 10.2473/shigentosozai.117.604

M3 - 記事

VL - 117

SP - 604

EP - 612

JO - Shigen to sozai

JF - Shigen to sozai

SN - 0916-1740

IS - 7

ER -