インクジェットによる有機波長選択型光センサの最適化

Translated title of the contribution: Optimization of the organic wavelength sensitive photodiode made by ink-jet technique

中道 徳馬, 楊 雨, 大海 聡一郎, 後藤 亮, 渡辺 博文, 江良 正直, 興 雄司

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

インクジェット技術を利用して、有機材料の波長選択性を持つ光センサを開発している。ITO (Indium Tin Oxide) PETフィルム上に、シアニン色素NK-1952と導電性のポリマPEDOT:PSSの混合溶液をインクジェットによりプリントし、アルミ層を成膜することで、バルクヘテロ型と分散されたPN接合を有する光センサを作製することができる。このデバイスに良好な波長選択性を持たせるためには、ドット描画時のシアニン色素分子の会合体形成が重要である。本研究では,その品質向上を図るために色素分子のJ-会合体の形成及び光吸収の強度の2点について配合率等のパラメータの最適化を図った。
Translated title of the contributionOptimization of the organic wavelength sensitive photodiode made by ink-jet technique
Original languageUndefined/Unknown
Pages (from-to)562-562
Number of pages1
Journal電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
Volume2009
Issue number0
DOIs
Publication statusPublished - 2009

Fingerprint Dive into the research topics of 'Optimization of the organic wavelength sensitive photodiode made by ink-jet technique'. Together they form a unique fingerprint.

Cite this