P18 阿波赤米に含まれるアレロケミカルの探索(1-(3)雑草害、競争、他感作用)(1. 雑草)

Translated title of the contribution: P18 Allelopathic substances in red rice, AWA-AKAMAI

荒谷 博, 平舘 俊太郎, 藤井 義晴

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

近年、持続的農業の観点から低農薬による雑草管理が求められている。また、21世紀の稲作では、直播など大規模省労働力化へ進むことが予想され、この際イネ発育初期の雑草発生が問題となる。このような問題を解決もしくは軽減化する手段の一つとして、雑草耐性の一因子であるアレロパシーの利用が考えられる。我々はプラントボックス(PB)法により、アレロパシー活性の強いイネとして阿波赤米を見いだしている。そこで、(1)圃場試験:阿波赤米を含むイネ5品種を精密試験水田で移植栽培し、無除草で栽培したときの雑草発生の調査、(2)物質同定:阿波赤米の根表面および全体からの抽出物からの、他感物質の分離分析、に関する調査を行った。
Original languageJapanese
Pages (from-to)196-197
Number of pages2
Journal雑草研究
Issue number42
Publication statusPublished - Apr 19 2003

Cite this

P18 阿波赤米に含まれるアレロケミカルの探索(1-(3)雑草害、競争、他感作用)(1. 雑草). / 荒谷博; 平舘俊太郎; 藤井義晴.

In: 雑草研究, No. 42, 19.04.2003, p. 196-197.

Research output: Contribution to journalArticle

@article{28a9e5ad58a644ca834984b92bee3897,
title = "P18 阿波赤米に含まれるアレロケミカルの探索(1-(3)雑草害、競争、他感作用)(1. 雑草)",
abstract = "近年、持続的農業の観点から低農薬による雑草管理が求められている。また、21世紀の稲作では、直播など大規模省労働力化へ進むことが予想され、この際イネ発育初期の雑草発生が問題となる。このような問題を解決もしくは軽減化する手段の一つとして、雑草耐性の一因子であるアレロパシーの利用が考えられる。我々はプラントボックス(PB)法により、アレロパシー活性の強いイネとして阿波赤米を見いだしている。そこで、(1)圃場試験:阿波赤米を含むイネ5品種を精密試験水田で移植栽培し、無除草で栽培したときの雑草発生の調査、(2)物質同定:阿波赤米の根表面および全体からの抽出物からの、他感物質の分離分析、に関する調査を行った。",
author = "博 荒谷 and 俊太郎 平舘 and 義晴 藤井",
year = "2003",
month = "4",
day = "19",
language = "Japanese",
pages = "196--197",
journal = "雑草研究",
issn = "0372-798X",
publisher = "日本雑草学会",
number = "42",

}

TY - JOUR

T1 - P18 阿波赤米に含まれるアレロケミカルの探索(1-(3)雑草害、競争、他感作用)(1. 雑草)

AU - 荒谷, 博

AU - 平舘, 俊太郎

AU - 藤井, 義晴

PY - 2003/4/19

Y1 - 2003/4/19

N2 - 近年、持続的農業の観点から低農薬による雑草管理が求められている。また、21世紀の稲作では、直播など大規模省労働力化へ進むことが予想され、この際イネ発育初期の雑草発生が問題となる。このような問題を解決もしくは軽減化する手段の一つとして、雑草耐性の一因子であるアレロパシーの利用が考えられる。我々はプラントボックス(PB)法により、アレロパシー活性の強いイネとして阿波赤米を見いだしている。そこで、(1)圃場試験:阿波赤米を含むイネ5品種を精密試験水田で移植栽培し、無除草で栽培したときの雑草発生の調査、(2)物質同定:阿波赤米の根表面および全体からの抽出物からの、他感物質の分離分析、に関する調査を行った。

AB - 近年、持続的農業の観点から低農薬による雑草管理が求められている。また、21世紀の稲作では、直播など大規模省労働力化へ進むことが予想され、この際イネ発育初期の雑草発生が問題となる。このような問題を解決もしくは軽減化する手段の一つとして、雑草耐性の一因子であるアレロパシーの利用が考えられる。我々はプラントボックス(PB)法により、アレロパシー活性の強いイネとして阿波赤米を見いだしている。そこで、(1)圃場試験:阿波赤米を含むイネ5品種を精密試験水田で移植栽培し、無除草で栽培したときの雑草発生の調査、(2)物質同定:阿波赤米の根表面および全体からの抽出物からの、他感物質の分離分析、に関する調査を行った。

UR - http://ci.nii.ac.jp/naid/110003964058

M3 - 記事

SP - 196

EP - 197

JO - 雑草研究

JF - 雑草研究

SN - 0372-798X

IS - 42

ER -