バングラデシュで栽培されているカックロール(Momordica dioica Roxb.)の倍数性

Translated title of the contribution: Ploidies of kakrol (Momordica dioica Roxb.) cultivated in Bangladesh

長 泰弘, 尾崎 行生, 大久保 敬, 松田 鹿徳

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

染色体観察、減数分裂観察ならびにフローサイトメトリーにより、バングラデシュで栽培されているカックロールのほとんどが2n=4x=56の四倍体であるが、わずかに2n=2x=28の二倍体も存在することが明らかになった。
Original languageJapanese
Pages (from-to)49-53
Number of pages5
JournalSCI. BULL. FAC. AGRIC. KYUSHU UNIV.
Volume61
Issue number1
Publication statusPublished - Feb 2006

Cite this

バングラデシュで栽培されているカックロール(Momordica dioica Roxb.)の倍数性. / 長泰弘; 尾崎行生; 大久保敬; 松田鹿徳.

In: SCI. BULL. FAC. AGRIC. KYUSHU UNIV., Vol. 61, No. 1, 02.2006, p. 49-53.

Research output: Contribution to journalArticle

@article{33fdcdcbc9a042e680a3d2431af07431,
title = "バングラデシュで栽培されているカックロール(Momordica dioica Roxb.)の倍数性",
abstract = "染色体観察、減数分裂観察ならびにフローサイトメトリーにより、バングラデシュで栽培されているカックロールのほとんどが2n=4x=56の四倍体であるが、わずかに2n=2x=28の二倍体も存在することが明らかになった。",
author = "泰弘 長 and 行生 尾崎 and 敬 大久保 and 鹿徳 松田",
year = "2006",
month = "2",
language = "Japanese",
volume = "61",
pages = "49--53",
journal = "SCI. BULL. FAC. AGRIC. KYUSHU UNIV.",
issn = "0368-6264",
publisher = "九州大学",
number = "1",

}

TY - JOUR

T1 - バングラデシュで栽培されているカックロール(Momordica dioica Roxb.)の倍数性

AU - 長, 泰弘

AU - 尾崎, 行生

AU - 大久保, 敬

AU - 松田, 鹿徳

PY - 2006/2

Y1 - 2006/2

N2 - 染色体観察、減数分裂観察ならびにフローサイトメトリーにより、バングラデシュで栽培されているカックロールのほとんどが2n=4x=56の四倍体であるが、わずかに2n=2x=28の二倍体も存在することが明らかになった。

AB - 染色体観察、減数分裂観察ならびにフローサイトメトリーにより、バングラデシュで栽培されているカックロールのほとんどが2n=4x=56の四倍体であるが、わずかに2n=2x=28の二倍体も存在することが明らかになった。

M3 - 記事

VL - 61

SP - 49

EP - 53

JO - SCI. BULL. FAC. AGRIC. KYUSHU UNIV.

JF - SCI. BULL. FAC. AGRIC. KYUSHU UNIV.

SN - 0368-6264

IS - 1

ER -