フィードフォワード/フィードバック併用型制御の提案とこれを用いた波長可変レーザの高速波長切替の実現

Translated title of the contribution: Proposal of Feedforward/Feedback Controller and Demonstration of Prompt Wavelength Switching of the Wavelength Tunable Laser

木村 凌河, 立本 雄大, 佐熊 一輝, 恩地 裕和, 久保木 猛, 加藤 和利

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

光パケットシステムでは高速かつ高精度な波長切替が可能な光源が求められており、その光源の1つとしてTDA (Tunable Distributed Amplification)-DFBレーザが開発されている。我々はTDA-DFBレーザの波長制御系の小型・低コスト化を目指してレーザモジュールに内蔵された汎用波長ロッカによる波長計測の高速化を検討し、この計測波長をもとにフィードバック(FB)制御を行うことで波長の安定化を行った。本稿では、レーザの波長変化を複数の現象の組み合わせとして捉え、それぞれの伝達関数を合成することでより精密な伝達関数を導出した。また、求めた伝達関数からフィードフォワード(FF)制御を導入し、FF/FB併用型制御を行うことで100ns未満での波長切替を達成したので報告する。
Original languageJapanese
Pages (from-to)397-398
Number of pages2
Journal電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
Volume2016
Issue number0
DOIs
Publication statusPublished - 2016

Cite this

@article{51df5212066545e1be210e3a4cd27666,
title = "フィードフォワード/フィードバック併用型制御の提案とこれを用いた波長可変レーザの高速波長切替の実現",
abstract = "光パケットシステムでは高速かつ高精度な波長切替が可能な光源が求められており、その光源の1つとしてTDA (Tunable Distributed Amplification)-DFBレーザが開発されている。我々はTDA-DFBレーザの波長制御系の小型・低コスト化を目指してレーザモジュールに内蔵された汎用波長ロッカによる波長計測の高速化を検討し、この計測波長をもとにフィードバック(FB)制御を行うことで波長の安定化を行った。本稿では、レーザの波長変化を複数の現象の組み合わせとして捉え、それぞれの伝達関数を合成することでより精密な伝達関数を導出した。また、求めた伝達関数からフィードフォワード(FF)制御を導入し、FF/FB併用型制御を行うことで100ns未満での波長切替を達成したので報告する。",
author = "凌河 木村 and 雄大 立本 and 一輝 佐熊 and 裕和 恩地 and 猛 久保木 and 和利 加藤",
year = "2016",
doi = "10.11527/jceeek.2016.0_397",
language = "Japanese",
volume = "2016",
pages = "397--398",
journal = "電気関係学会九州支部連合大会講演論文集",
publisher = "電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会",
number = "0",

}

TY - JOUR

T1 - フィードフォワード/フィードバック併用型制御の提案とこれを用いた波長可変レーザの高速波長切替の実現

AU - 木村, 凌河

AU - 立本, 雄大

AU - 佐熊, 一輝

AU - 恩地, 裕和

AU - 久保木, 猛

AU - 加藤, 和利

PY - 2016

Y1 - 2016

N2 - 光パケットシステムでは高速かつ高精度な波長切替が可能な光源が求められており、その光源の1つとしてTDA (Tunable Distributed Amplification)-DFBレーザが開発されている。我々はTDA-DFBレーザの波長制御系の小型・低コスト化を目指してレーザモジュールに内蔵された汎用波長ロッカによる波長計測の高速化を検討し、この計測波長をもとにフィードバック(FB)制御を行うことで波長の安定化を行った。本稿では、レーザの波長変化を複数の現象の組み合わせとして捉え、それぞれの伝達関数を合成することでより精密な伝達関数を導出した。また、求めた伝達関数からフィードフォワード(FF)制御を導入し、FF/FB併用型制御を行うことで100ns未満での波長切替を達成したので報告する。

AB - 光パケットシステムでは高速かつ高精度な波長切替が可能な光源が求められており、その光源の1つとしてTDA (Tunable Distributed Amplification)-DFBレーザが開発されている。我々はTDA-DFBレーザの波長制御系の小型・低コスト化を目指してレーザモジュールに内蔵された汎用波長ロッカによる波長計測の高速化を検討し、この計測波長をもとにフィードバック(FB)制御を行うことで波長の安定化を行った。本稿では、レーザの波長変化を複数の現象の組み合わせとして捉え、それぞれの伝達関数を合成することでより精密な伝達関数を導出した。また、求めた伝達関数からフィードフォワード(FF)制御を導入し、FF/FB併用型制御を行うことで100ns未満での波長切替を達成したので報告する。

U2 - 10.11527/jceeek.2016.0_397

DO - 10.11527/jceeek.2016.0_397

M3 - 記事

VL - 2016

SP - 397

EP - 398

JO - 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集

JF - 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集

IS - 0

ER -