支台歯の選択と予後に関する補綴的戦略を考える

Translated title of the contribution: Prosthetic strategies for abutment teeth selection and prognosis in removable partial denture

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

<p> 部分床義歯において,支台装置は部分床義歯の予後を左右する.支台歯の選択は欠損様式,歯の状態などにより決定するが,支台歯の負担を減らす戦略として,維持装置の選択,支台歯の増加・連結などがあげられる.これらの補綴戦略の有効性は支台歯の動揺や打診痛の有無,骨レベルの変化などの観察により判断することになるが,術前に術後の状態を予測することは難しく,術後の変化を知り得た時点で,現義歯の設計のまま不良な経過を改善する方策は少ない.しかし遊離端部にインプラントが埋入され,中間欠損化が行われると,天然歯支台にとって良好な予後が期待できることが文献と症例とから示唆された.</p>
Original languageJapanese
Pages (from-to)193-198
Number of pages6
Journal日本補綴歯科学会誌
Volume9
Issue number3
DOIs
Publication statusPublished - 2017

Cite this

@article{7dfb2d94a6eb466c958a6276a204e816,
title = "支台歯の選択と予後に関する補綴的戦略を考える",
abstract = " 部分床義歯において,支台装置は部分床義歯の予後を左右する.支台歯の選択は欠損様式,歯の状態などにより決定するが,支台歯の負担を減らす戦略として,維持装置の選択,支台歯の増加・連結などがあげられる.これらの補綴戦略の有効性は支台歯の動揺や打診痛の有無,骨レベルの変化などの観察により判断することになるが,術前に術後の状態を予測することは難しく,術後の変化を知り得た時点で,現義歯の設計のまま不良な経過を改善する方策は少ない.しかし遊離端部にインプラントが埋入され,中間欠損化が行われると,天然歯支台にとって良好な予後が期待できることが文献と症例とから示唆された.",
author = "恭之 松下 and 優文 木原 and 大輔 江﨑 and 保則 鮎川 and 潔 古谷野",
year = "2017",
doi = "10.2186/ajps.9.193",
language = "Japanese",
volume = "9",
pages = "193--198",
journal = "日本補綴歯科学会誌",
issn = "1883-4426",
publisher = "公益社団法人 日本補綴歯科学会",
number = "3",

}

TY - JOUR

T1 - 支台歯の選択と予後に関する補綴的戦略を考える

AU - 松下, 恭之

AU - 木原, 優文

AU - 江﨑, 大輔

AU - 鮎川, 保則

AU - 古谷野, 潔

PY - 2017

Y1 - 2017

N2 -  部分床義歯において,支台装置は部分床義歯の予後を左右する.支台歯の選択は欠損様式,歯の状態などにより決定するが,支台歯の負担を減らす戦略として,維持装置の選択,支台歯の増加・連結などがあげられる.これらの補綴戦略の有効性は支台歯の動揺や打診痛の有無,骨レベルの変化などの観察により判断することになるが,術前に術後の状態を予測することは難しく,術後の変化を知り得た時点で,現義歯の設計のまま不良な経過を改善する方策は少ない.しかし遊離端部にインプラントが埋入され,中間欠損化が行われると,天然歯支台にとって良好な予後が期待できることが文献と症例とから示唆された.

AB -  部分床義歯において,支台装置は部分床義歯の予後を左右する.支台歯の選択は欠損様式,歯の状態などにより決定するが,支台歯の負担を減らす戦略として,維持装置の選択,支台歯の増加・連結などがあげられる.これらの補綴戦略の有効性は支台歯の動揺や打診痛の有無,骨レベルの変化などの観察により判断することになるが,術前に術後の状態を予測することは難しく,術後の変化を知り得た時点で,現義歯の設計のまま不良な経過を改善する方策は少ない.しかし遊離端部にインプラントが埋入され,中間欠損化が行われると,天然歯支台にとって良好な予後が期待できることが文献と症例とから示唆された.

U2 - 10.2186/ajps.9.193

DO - 10.2186/ajps.9.193

M3 - 記事

VL - 9

SP - 193

EP - 198

JO - 日本補綴歯科学会誌

JF - 日本補綴歯科学会誌

SN - 1883-4426

IS - 3

ER -