視覚障害者のための音による移動支援に関するアンケート調査

Translated title of the contribution: Questionnaire survey of the use of sound to support the mobility of the visually impaired

船場 ひさお, 上田 麻理, 岩宮 眞一郎

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

視覚障害者の音による移動支援の在り方を検討するために,視覚障害者を対象とするアンケート調査を行った。その結果,回答者は音響式信号機や誘導チャイム,案内放送等の付加音だけでなく,街頭の音や交通騒音等,様々な環境音を積極的に活用していることが分かった。また,視覚障害者の聴覚情報利用には個人属性によって様々な傾向があり,歩行訓練を受けることでより多くの情報を音から得られるようになることや,高齢の視覚障害者は音の利用に困難を感じていることが示された。そのため,視覚障害者の音による移動支援は,視覚障害者すべてを一様に捉えるのではなく属性ごとに検討し,おのおのに適した手法を構築していく必要があることが分かった。
Original languageJapanese
Pages (from-to)839-847
Number of pages9
Journal日本音響学会誌
Volume62
Issue number12
Publication statusPublished - Dec 1 2006

Cite this

船場., 上田麻理, & 岩宮眞一郎 (2006). 視覚障害者のための音による移動支援に関するアンケート調査. 日本音響学会誌, 62(12), 839-847.

視覚障害者のための音による移動支援に関するアンケート調査. / 船場ひさお; 上田麻理; 岩宮眞一郎.

In: 日本音響学会誌, Vol. 62, No. 12, 01.12.2006, p. 839-847.

Research output: Contribution to journalArticle

船場, 上田麻理 & 岩宮眞一郎 2006, '視覚障害者のための音による移動支援に関するアンケート調査', 日本音響学会誌, vol. 62, no. 12, pp. 839-847.
船場ひさお ; 上田麻理 ; 岩宮眞一郎. / 視覚障害者のための音による移動支援に関するアンケート調査. In: 日本音響学会誌. 2006 ; Vol. 62, No. 12. pp. 839-847.
@article{59f757fc69e540ecba7674de5d5419e8,
title = "視覚障害者のための音による移動支援に関するアンケート調査",
abstract = "視覚障害者の音による移動支援の在り方を検討するために,視覚障害者を対象とするアンケート調査を行った。その結果,回答者は音響式信号機や誘導チャイム,案内放送等の付加音だけでなく,街頭の音や交通騒音等,様々な環境音を積極的に活用していることが分かった。また,視覚障害者の聴覚情報利用には個人属性によって様々な傾向があり,歩行訓練を受けることでより多くの情報を音から得られるようになることや,高齢の視覚障害者は音の利用に困難を感じていることが示された。そのため,視覚障害者の音による移動支援は,視覚障害者すべてを一様に捉えるのではなく属性ごとに検討し,おのおのに適した手法を構築していく必要があることが分かった。",
author = "ひさお 船場 and 麻理 上田 and 眞一郎 岩宮",
year = "2006",
month = "12",
day = "1",
language = "Japanese",
volume = "62",
pages = "839--847",
journal = "日本音響学会誌",
issn = "0369-4232",
publisher = "一般社団法人日本音響学会",
number = "12",

}

TY - JOUR

T1 - 視覚障害者のための音による移動支援に関するアンケート調査

AU - 船場, ひさお

AU - 上田, 麻理

AU - 岩宮, 眞一郎

PY - 2006/12/1

Y1 - 2006/12/1

N2 - 視覚障害者の音による移動支援の在り方を検討するために,視覚障害者を対象とするアンケート調査を行った。その結果,回答者は音響式信号機や誘導チャイム,案内放送等の付加音だけでなく,街頭の音や交通騒音等,様々な環境音を積極的に活用していることが分かった。また,視覚障害者の聴覚情報利用には個人属性によって様々な傾向があり,歩行訓練を受けることでより多くの情報を音から得られるようになることや,高齢の視覚障害者は音の利用に困難を感じていることが示された。そのため,視覚障害者の音による移動支援は,視覚障害者すべてを一様に捉えるのではなく属性ごとに検討し,おのおのに適した手法を構築していく必要があることが分かった。

AB - 視覚障害者の音による移動支援の在り方を検討するために,視覚障害者を対象とするアンケート調査を行った。その結果,回答者は音響式信号機や誘導チャイム,案内放送等の付加音だけでなく,街頭の音や交通騒音等,様々な環境音を積極的に活用していることが分かった。また,視覚障害者の聴覚情報利用には個人属性によって様々な傾向があり,歩行訓練を受けることでより多くの情報を音から得られるようになることや,高齢の視覚障害者は音の利用に困難を感じていることが示された。そのため,視覚障害者の音による移動支援は,視覚障害者すべてを一様に捉えるのではなく属性ごとに検討し,おのおのに適した手法を構築していく必要があることが分かった。

M3 - 記事

VL - 62

SP - 839

EP - 847

JO - 日本音響学会誌

JF - 日本音響学会誌

SN - 0369-4232

IS - 12

ER -