最適2次元セグメンテーションによる情景内文字抽出

Translated title of the contribution: Scene Character Extraction by an Optimal Two-Dimensional Segmentation

武部 浩明, 内田 誠一

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

情景内文字認識において,情景画像から文字領域を正しく抽出することは重要である.しかし,情景内文字は多様な文字配置と複雑な照明・外光条件を伴うため,文字抽出は依然未解決の課題である.本論文では,画像の部分領域に対する文字/非文字の識別器として文字認識を用いながら,最適な2次元セグメンテーションを併用することで,極力高精度に文字抽出を行う手法を提案する.本手法は,2値化のしきい値を段階的に変えて得られる2値画像集合の中に各文字が明瞭に現れる段階が含まれることに着目し,2値画像集合における個々の連結成分を文字仮説とする多重仮説を生成する.そして,2次元最適化の枠組みで,文字仮説の近傍を考慮しながら最適な仮説を選択することによって文字抽出を行う.以上の考え方を,しきい値を変えながら得られた文字認識結果をノードとするコンポーネント・ツリーとグラフカットを利用して実現する.
Translated title of the contributionScene Character Extraction by an Optimal Two-Dimensional Segmentation
Original languageJapanese
Pages (from-to)667-675
Number of pages9
Journal電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems
Volume97
Issue number3
Publication statusPublished - Mar 2014

Cite this