サイズ適応型原発性肝がん検出法

Translated title of the contribution: Size-Adaptive Hepatocellular Carcinoma Detection from 3-D CT Images Based on the Level Set Method

由井 俊太郎, 宮越 純一, 松崎 和喜, 入江 敏之, 原 健二, 倉爪 亮

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

本論文では,CT画像を用いた,様々なサイズの原発性肝がん(以下,腫瘍)に対応可能な腫瘍検出法を報告する.従来,CT画像を用いた腫瘍検出では,1cm以上の腫瘍を自動検出する研究が盛んであり,これらの研究では2種類の異なる画像(動脈相,遅延相)が用いられてきた.このうち,遅延相は正確な腫瘍サイズ計測が可能であるが,コントラストが低いため1cm以下の小結節の検出が難しい.一方,動脈相では小結節検出が可能になるが,雑音と腫瘍の輝度値が類似しているため誤検出が生じやすい,という問題があった.そこで本論文では,様々なサイズの腫瘍が検出可能な動脈相を用いた腫瘍の自動検出法を提案する.提案手法では,複数腫瘍の自動検出を実現するため,腫瘍個数の事前知識が不要なLevel Set Methodを導入する.更に,低コントラストや雑音に対応した,新たな成長速度項を提案する.提案手法を臨床画像24症例に適用した結果,Sensitivity 90%以上,誤検出が1症例当り3.1個となり,従来のLevel Set Methodを用いた検出手法と比較して,検出精度が大幅に向上することを確認した.
Original languageJapanese
Pages (from-to)2825-2837
Number of pages13
Journal電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems
Volume96
Issue number11
Publication statusPublished - Nov 2013

Cite this

サイズ適応型原発性肝がん検出法. / 由井俊太郎; 宮越純一; 松崎和喜; 入江敏之; 原健二; 倉爪亮.

In: 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems, Vol. 96, No. 11, 11.2013, p. 2825-2837.

Research output: Contribution to journalArticle

@article{c9eb40a13cd44a71b547d5359e3ffb62,
title = "サイズ適応型原発性肝がん検出法",
abstract = "本論文では,CT画像を用いた,様々なサイズの原発性肝がん(以下,腫瘍)に対応可能な腫瘍検出法を報告する.従来,CT画像を用いた腫瘍検出では,1cm以上の腫瘍を自動検出する研究が盛んであり,これらの研究では2種類の異なる画像(動脈相,遅延相)が用いられてきた.このうち,遅延相は正確な腫瘍サイズ計測が可能であるが,コントラストが低いため1cm以下の小結節の検出が難しい.一方,動脈相では小結節検出が可能になるが,雑音と腫瘍の輝度値が類似しているため誤検出が生じやすい,という問題があった.そこで本論文では,様々なサイズの腫瘍が検出可能な動脈相を用いた腫瘍の自動検出法を提案する.提案手法では,複数腫瘍の自動検出を実現するため,腫瘍個数の事前知識が不要なLevel Set Methodを導入する.更に,低コントラストや雑音に対応した,新たな成長速度項を提案する.提案手法を臨床画像24症例に適用した結果,Sensitivity 90{\%}以上,誤検出が1症例当り3.1個となり,従来のLevel Set Methodを用いた検出手法と比較して,検出精度が大幅に向上することを確認した.",
author = "俊太郎 由井 and 純一 宮越 and 和喜 松崎 and 敏之 入江 and 健二 原 and 亮 倉爪",
year = "2013",
month = "11",
language = "Japanese",
volume = "96",
pages = "2825--2837",
journal = "電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems",
issn = "1880-4535",
publisher = "一般社団法人電子情報通信学会",
number = "11",

}

TY - JOUR

T1 - サイズ適応型原発性肝がん検出法

AU - 由井, 俊太郎

AU - 宮越, 純一

AU - 松崎, 和喜

AU - 入江, 敏之

AU - 原, 健二

AU - 倉爪, 亮

PY - 2013/11

Y1 - 2013/11

N2 - 本論文では,CT画像を用いた,様々なサイズの原発性肝がん(以下,腫瘍)に対応可能な腫瘍検出法を報告する.従来,CT画像を用いた腫瘍検出では,1cm以上の腫瘍を自動検出する研究が盛んであり,これらの研究では2種類の異なる画像(動脈相,遅延相)が用いられてきた.このうち,遅延相は正確な腫瘍サイズ計測が可能であるが,コントラストが低いため1cm以下の小結節の検出が難しい.一方,動脈相では小結節検出が可能になるが,雑音と腫瘍の輝度値が類似しているため誤検出が生じやすい,という問題があった.そこで本論文では,様々なサイズの腫瘍が検出可能な動脈相を用いた腫瘍の自動検出法を提案する.提案手法では,複数腫瘍の自動検出を実現するため,腫瘍個数の事前知識が不要なLevel Set Methodを導入する.更に,低コントラストや雑音に対応した,新たな成長速度項を提案する.提案手法を臨床画像24症例に適用した結果,Sensitivity 90%以上,誤検出が1症例当り3.1個となり,従来のLevel Set Methodを用いた検出手法と比較して,検出精度が大幅に向上することを確認した.

AB - 本論文では,CT画像を用いた,様々なサイズの原発性肝がん(以下,腫瘍)に対応可能な腫瘍検出法を報告する.従来,CT画像を用いた腫瘍検出では,1cm以上の腫瘍を自動検出する研究が盛んであり,これらの研究では2種類の異なる画像(動脈相,遅延相)が用いられてきた.このうち,遅延相は正確な腫瘍サイズ計測が可能であるが,コントラストが低いため1cm以下の小結節の検出が難しい.一方,動脈相では小結節検出が可能になるが,雑音と腫瘍の輝度値が類似しているため誤検出が生じやすい,という問題があった.そこで本論文では,様々なサイズの腫瘍が検出可能な動脈相を用いた腫瘍の自動検出法を提案する.提案手法では,複数腫瘍の自動検出を実現するため,腫瘍個数の事前知識が不要なLevel Set Methodを導入する.更に,低コントラストや雑音に対応した,新たな成長速度項を提案する.提案手法を臨床画像24症例に適用した結果,Sensitivity 90%以上,誤検出が1症例当り3.1個となり,従来のLevel Set Methodを用いた検出手法と比較して,検出精度が大幅に向上することを確認した.

M3 - 記事

VL - 96

SP - 2825

EP - 2837

JO - 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems

JF - 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems

SN - 1880-4535

IS - 11

ER -