歳時記に詠み込まれた音環境の時代変遷の統計的分析

Translated title of the contribution: Statistical analysis of historical changes of Japanese soundscapes represented in the world of Haiku

永幡 幸司, 前田 耕造, 岩宮 眞一郎

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

俳句に詠み込まれた音環境を, 統計的に分析することで, 日本のサウンドスケープの時代変遷を調査した。日本におけるサウンドスケープの変化は, 江戸時代から昭和にかけては緩やかであったのに対し, ここ十数年の変化は急激であり, その変遷の内容は, 自然空間のサウンドスケープから人間の生活音によるサウンドスケープへというものであることが分かった。更に, 日本の音文化には, 音を季節の象徴として敏感に読みとり, そこから情緒を感じるというものがあったが, 時と共に, そのような文化が廃れていきつつあるということが示唆された。しかし, 寺の鐘や祭の音などによる, 社寺仏閣によっわるサウンドスケープは, 時代変遷の影響をあまり受けていない。
Original languageJapanese
Pages (from-to)77-84
Number of pages8
Journal日本音響学会誌
Volume52
Issue number2
Publication statusPublished - Feb 1996

Cite this

永幡幸司, 前田耕造, & 岩宮眞一郎 (1996). 歳時記に詠み込まれた音環境の時代変遷の統計的分析. 日本音響学会誌, 52(2), 77-84.

歳時記に詠み込まれた音環境の時代変遷の統計的分析. / 永幡幸司; 前田耕造; 岩宮眞一郎.

In: 日本音響学会誌, Vol. 52, No. 2, 02.1996, p. 77-84.

Research output: Contribution to journalArticle

永幡幸司, 前田耕造 & 岩宮眞一郎 1996, '歳時記に詠み込まれた音環境の時代変遷の統計的分析', 日本音響学会誌, vol. 52, no. 2, pp. 77-84.
永幡幸司, 前田耕造, 岩宮眞一郎. 歳時記に詠み込まれた音環境の時代変遷の統計的分析. 日本音響学会誌. 1996 Feb;52(2):77-84.
永幡幸司 ; 前田耕造 ; 岩宮眞一郎. / 歳時記に詠み込まれた音環境の時代変遷の統計的分析. In: 日本音響学会誌. 1996 ; Vol. 52, No. 2. pp. 77-84.
@article{7f87351102bf4bf59131948ac1d0f06e,
title = "歳時記に詠み込まれた音環境の時代変遷の統計的分析",
abstract = "俳句に詠み込まれた音環境を, 統計的に分析することで, 日本のサウンドスケープの時代変遷を調査した。日本におけるサウンドスケープの変化は, 江戸時代から昭和にかけては緩やかであったのに対し, ここ十数年の変化は急激であり, その変遷の内容は, 自然空間のサウンドスケープから人間の生活音によるサウンドスケープへというものであることが分かった。更に, 日本の音文化には, 音を季節の象徴として敏感に読みとり, そこから情緒を感じるというものがあったが, 時と共に, そのような文化が廃れていきつつあるということが示唆された。しかし, 寺の鐘や祭の音などによる, 社寺仏閣によっわるサウンドスケープは, 時代変遷の影響をあまり受けていない。",
author = "幸司 永幡 and 耕造 前田 and 眞一郎 岩宮",
year = "1996",
month = "2",
language = "Japanese",
volume = "52",
pages = "77--84",
journal = "日本音響学会誌",
issn = "0369-4232",
publisher = "一般社団法人日本音響学会",
number = "2",

}

TY - JOUR

T1 - 歳時記に詠み込まれた音環境の時代変遷の統計的分析

AU - 永幡, 幸司

AU - 前田, 耕造

AU - 岩宮, 眞一郎

PY - 1996/2

Y1 - 1996/2

N2 - 俳句に詠み込まれた音環境を, 統計的に分析することで, 日本のサウンドスケープの時代変遷を調査した。日本におけるサウンドスケープの変化は, 江戸時代から昭和にかけては緩やかであったのに対し, ここ十数年の変化は急激であり, その変遷の内容は, 自然空間のサウンドスケープから人間の生活音によるサウンドスケープへというものであることが分かった。更に, 日本の音文化には, 音を季節の象徴として敏感に読みとり, そこから情緒を感じるというものがあったが, 時と共に, そのような文化が廃れていきつつあるということが示唆された。しかし, 寺の鐘や祭の音などによる, 社寺仏閣によっわるサウンドスケープは, 時代変遷の影響をあまり受けていない。

AB - 俳句に詠み込まれた音環境を, 統計的に分析することで, 日本のサウンドスケープの時代変遷を調査した。日本におけるサウンドスケープの変化は, 江戸時代から昭和にかけては緩やかであったのに対し, ここ十数年の変化は急激であり, その変遷の内容は, 自然空間のサウンドスケープから人間の生活音によるサウンドスケープへというものであることが分かった。更に, 日本の音文化には, 音を季節の象徴として敏感に読みとり, そこから情緒を感じるというものがあったが, 時と共に, そのような文化が廃れていきつつあるということが示唆された。しかし, 寺の鐘や祭の音などによる, 社寺仏閣によっわるサウンドスケープは, 時代変遷の影響をあまり受けていない。

M3 - 記事

VL - 52

SP - 77

EP - 84

JO - 日本音響学会誌

JF - 日本音響学会誌

SN - 0369-4232

IS - 2

ER -