個人曝露濃度測定における同等曝露作業者グループ(SEG)設定方法の検討: Indium Tin Oxide ターゲット研削作業工程における1例

Translated title of the contribution: Study on the establishment of a specific similar exposure group (SEG) in personal exposure monitoring: A case report of Indium Tin Oxide Target Surface Grinding Process

Hiroyuki Miyauchi, Makiko Nakano, Miyuki Hirata, Akiyo Tanaka, Satoko Iwasawa, Norihito Etoh, Kazuyuki Omae, Shigeru Tanaka

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

高い有害性を有するインジウム化合物を対象に,ターゲット材の平面研削作業者に個人曝露測定を行 い,同等曝露作業者グループ(SEG)に分けることの有効性を検討したɽ測定は午前と午後に分け,2013年から2017 年に合計10回行い,このうちの9回は作業環境測定を同時に実施したɽ各回の作業者は2-4名で,グループ分けは 2つの方法について検討したɽすなわち作業場所の作業者全員を1つのSEGとした方法(SEG1,n=9)と,作業者が取 り扱うターゲット材料中のインジウム含有の有無で分け,有りSEG2(+)n=9,無しSEG2(-)n=9とした方法であるɽ SEG2(+)2.8-276.8 μg/m 3 群内各測定の算術平均値(AM)は,4測定2.8-27.4 μg/m 3 が対応する作業環境測定のB測定値 13.5-54.6 μg/m 3 より低値だったが,A測定幾何平均値0.4-12.3 μg/m 3 よりすべて(2.8-276.8 μg/m 3 )が,高値となったɽ SEG2(+)のAMは,作業環境測定の第1評価値やB測定値,SEG1やSEG2(-)では認められなかった100 μg/m 3 以上が 全体の20%を占めたɽSEG1として評価した管理区分が,リスク低減措置を行う必要のある管理区分2であっても, SEG2(+)にて再評価するとリスク低減措置を速やかに行う必要のある管理区分3となる測定の割合は,SEG1の管 理区分2のうち50%を占めたɽSEG2(+)群内各測定の幾何標準偏差はすべて3 μg/m 3 以下となり,ばらつきは小さく なったɽ的確に層別化したSEGを設定することにより,効率的な化学物質管理が可能になる.

Original languageJapanese
Pages (from-to)323-329
Number of pages7
JournalJournal of UOEH
Volume40
Issue number4
DOIs
Publication statusPublished - Jan 1 2018

Fingerprint

indium tin oxide

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • Public Health, Environmental and Occupational Health

Cite this

個人曝露濃度測定における同等曝露作業者グループ(SEG)設定方法の検討: Indium Tin Oxide ターゲット研削作業工程における1例. / Miyauchi, Hiroyuki; Nakano, Makiko; Hirata, Miyuki; Tanaka, Akiyo; Iwasawa, Satoko; Etoh, Norihito; Omae, Kazuyuki; Tanaka, Shigeru.

In: Journal of UOEH, Vol. 40, No. 4, 01.01.2018, p. 323-329.

Research output: Contribution to journalArticle

Miyauchi, Hiroyuki ; Nakano, Makiko ; Hirata, Miyuki ; Tanaka, Akiyo ; Iwasawa, Satoko ; Etoh, Norihito ; Omae, Kazuyuki ; Tanaka, Shigeru. / 個人曝露濃度測定における同等曝露作業者グループ(SEG)設定方法の検討: Indium Tin Oxide ターゲット研削作業工程における1例. In: Journal of UOEH. 2018 ; Vol. 40, No. 4. pp. 323-329.
@article{9364d157f8c14099b298f7f803929072,
title = "個人曝露濃度測定における同等曝露作業者グループ(SEG)設定方法の検討: Indium Tin Oxide ターゲット研削作業工程における1例",
abstract = "高い有害性を有するインジウム化合物を対象に,ターゲット材の平面研削作業者に個人曝露測定を行 い,同等曝露作業者グループ(SEG)に分けることの有効性を検討したɽ測定は午前と午後に分け,2013年から2017 年に合計10回行い,このうちの9回は作業環境測定を同時に実施したɽ各回の作業者は2-4名で,グループ分けは 2つの方法について検討したɽすなわち作業場所の作業者全員を1つのSEGとした方法(SEG1,n=9)と,作業者が取 り扱うターゲット材料中のインジウム含有の有無で分け,有りSEG2(+)n=9,無しSEG2(-)n=9とした方法であるɽ SEG2(+)2.8-276.8 μg/m 3 群内各測定の算術平均値(AM)は,4測定2.8-27.4 μg/m 3 が対応する作業環境測定のB測定値 13.5-54.6 μg/m 3 より低値だったが,A測定幾何平均値0.4-12.3 μg/m 3 よりすべて(2.8-276.8 μg/m 3 )が,高値となったɽ SEG2(+)のAMは,作業環境測定の第1評価値やB測定値,SEG1やSEG2(-)では認められなかった100 μg/m 3 以上が 全体の20{\%}を占めたɽSEG1として評価した管理区分が,リスク低減措置を行う必要のある管理区分2であっても, SEG2(+)にて再評価するとリスク低減措置を速やかに行う必要のある管理区分3となる測定の割合は,SEG1の管 理区分2のうち50{\%}を占めたɽSEG2(+)群内各測定の幾何標準偏差はすべて3 μg/m 3 以下となり,ばらつきは小さく なったɽ的確に層別化したSEGを設定することにより,効率的な化学物質管理が可能になる.",
author = "Hiroyuki Miyauchi and Makiko Nakano and Miyuki Hirata and Akiyo Tanaka and Satoko Iwasawa and Norihito Etoh and Kazuyuki Omae and Shigeru Tanaka",
year = "2018",
month = "1",
day = "1",
doi = "10.7888/juoeh.40.323",
language = "Japanese",
volume = "40",
pages = "323--329",
journal = "Journal of UOEH",
issn = "0387-821X",
publisher = "University of Occupational and Environmental Health",
number = "4",

}

TY - JOUR

T1 - 個人曝露濃度測定における同等曝露作業者グループ(SEG)設定方法の検討: Indium Tin Oxide ターゲット研削作業工程における1例

AU - Miyauchi, Hiroyuki

AU - Nakano, Makiko

AU - Hirata, Miyuki

AU - Tanaka, Akiyo

AU - Iwasawa, Satoko

AU - Etoh, Norihito

AU - Omae, Kazuyuki

AU - Tanaka, Shigeru

PY - 2018/1/1

Y1 - 2018/1/1

N2 - 高い有害性を有するインジウム化合物を対象に,ターゲット材の平面研削作業者に個人曝露測定を行 い,同等曝露作業者グループ(SEG)に分けることの有効性を検討したɽ測定は午前と午後に分け,2013年から2017 年に合計10回行い,このうちの9回は作業環境測定を同時に実施したɽ各回の作業者は2-4名で,グループ分けは 2つの方法について検討したɽすなわち作業場所の作業者全員を1つのSEGとした方法(SEG1,n=9)と,作業者が取 り扱うターゲット材料中のインジウム含有の有無で分け,有りSEG2(+)n=9,無しSEG2(-)n=9とした方法であるɽ SEG2(+)2.8-276.8 μg/m 3 群内各測定の算術平均値(AM)は,4測定2.8-27.4 μg/m 3 が対応する作業環境測定のB測定値 13.5-54.6 μg/m 3 より低値だったが,A測定幾何平均値0.4-12.3 μg/m 3 よりすべて(2.8-276.8 μg/m 3 )が,高値となったɽ SEG2(+)のAMは,作業環境測定の第1評価値やB測定値,SEG1やSEG2(-)では認められなかった100 μg/m 3 以上が 全体の20%を占めたɽSEG1として評価した管理区分が,リスク低減措置を行う必要のある管理区分2であっても, SEG2(+)にて再評価するとリスク低減措置を速やかに行う必要のある管理区分3となる測定の割合は,SEG1の管 理区分2のうち50%を占めたɽSEG2(+)群内各測定の幾何標準偏差はすべて3 μg/m 3 以下となり,ばらつきは小さく なったɽ的確に層別化したSEGを設定することにより,効率的な化学物質管理が可能になる.

AB - 高い有害性を有するインジウム化合物を対象に,ターゲット材の平面研削作業者に個人曝露測定を行 い,同等曝露作業者グループ(SEG)に分けることの有効性を検討したɽ測定は午前と午後に分け,2013年から2017 年に合計10回行い,このうちの9回は作業環境測定を同時に実施したɽ各回の作業者は2-4名で,グループ分けは 2つの方法について検討したɽすなわち作業場所の作業者全員を1つのSEGとした方法(SEG1,n=9)と,作業者が取 り扱うターゲット材料中のインジウム含有の有無で分け,有りSEG2(+)n=9,無しSEG2(-)n=9とした方法であるɽ SEG2(+)2.8-276.8 μg/m 3 群内各測定の算術平均値(AM)は,4測定2.8-27.4 μg/m 3 が対応する作業環境測定のB測定値 13.5-54.6 μg/m 3 より低値だったが,A測定幾何平均値0.4-12.3 μg/m 3 よりすべて(2.8-276.8 μg/m 3 )が,高値となったɽ SEG2(+)のAMは,作業環境測定の第1評価値やB測定値,SEG1やSEG2(-)では認められなかった100 μg/m 3 以上が 全体の20%を占めたɽSEG1として評価した管理区分が,リスク低減措置を行う必要のある管理区分2であっても, SEG2(+)にて再評価するとリスク低減措置を速やかに行う必要のある管理区分3となる測定の割合は,SEG1の管 理区分2のうち50%を占めたɽSEG2(+)群内各測定の幾何標準偏差はすべて3 μg/m 3 以下となり,ばらつきは小さく なったɽ的確に層別化したSEGを設定することにより,効率的な化学物質管理が可能になる.

UR - http://www.scopus.com/inward/record.url?scp=85058870711&partnerID=8YFLogxK

UR - http://www.scopus.com/inward/citedby.url?scp=85058870711&partnerID=8YFLogxK

U2 - 10.7888/juoeh.40.323

DO - 10.7888/juoeh.40.323

M3 - 記事

VL - 40

SP - 323

EP - 329

JO - Journal of UOEH

JF - Journal of UOEH

SN - 0387-821X

IS - 4

ER -