映像の切り替えパターンと音高の変化パターンの調和

Translated title of the contribution: Subjective congruence between switching patterns of moving pictures and pitch shift of sound

蘇 勲, 金 基弘, 岩宮 眞一郎

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

映像メディアにおいて,あるシーンが別のシーンに転換するとき,様々な切り替えパターンが用いられ,切り替えパターンを効果的にするために効果音が付加される。本研究では,映像の切り替えパターンと音高の変化パターンを組み合わせたときの調和感を,日本人・韓国人・中国人を対象とした印象評価実験によって検討した。上下方向の映像の切り替えに関しては,映像と音高の変化方向が一致している場合に高い調和感が得られる。拡大縮小パターンでは,拡大パターンには音高の上昇,縮小パターンには音高の下降が調和感を形成する。左右方向の映像の切り替えに関しては,右方向の移動と音高の上昇,左方向の移動と音高の下降の組み合わせが調和する。
Original languageJapanese
Pages (from-to)555-562
Number of pages8
Journal日本音響学会誌
Volume65
Issue number11
Publication statusPublished - Nov 1 2009

Cite this

蘇勲, 金基弘, & 岩宮眞一郎 (2009). 映像の切り替えパターンと音高の変化パターンの調和. 日本音響学会誌, 65(11), 555-562.

映像の切り替えパターンと音高の変化パターンの調和. / 蘇勲; 金基弘; 岩宮眞一郎.

In: 日本音響学会誌, Vol. 65, No. 11, 01.11.2009, p. 555-562.

Research output: Contribution to journalArticle

蘇勲, 金基弘 & 岩宮眞一郎 2009, '映像の切り替えパターンと音高の変化パターンの調和', 日本音響学会誌, vol. 65, no. 11, pp. 555-562.
蘇勲, 金基弘, 岩宮眞一郎. 映像の切り替えパターンと音高の変化パターンの調和. 日本音響学会誌. 2009 Nov 1;65(11):555-562.
蘇勲 ; 金基弘 ; 岩宮眞一郎. / 映像の切り替えパターンと音高の変化パターンの調和. In: 日本音響学会誌. 2009 ; Vol. 65, No. 11. pp. 555-562.
@article{9992be47a7bd4f0f9d2e945102724829,
title = "映像の切り替えパターンと音高の変化パターンの調和",
abstract = "映像メディアにおいて,あるシーンが別のシーンに転換するとき,様々な切り替えパターンが用いられ,切り替えパターンを効果的にするために効果音が付加される。本研究では,映像の切り替えパターンと音高の変化パターンを組み合わせたときの調和感を,日本人・韓国人・中国人を対象とした印象評価実験によって検討した。上下方向の映像の切り替えに関しては,映像と音高の変化方向が一致している場合に高い調和感が得られる。拡大縮小パターンでは,拡大パターンには音高の上昇,縮小パターンには音高の下降が調和感を形成する。左右方向の映像の切り替えに関しては,右方向の移動と音高の上昇,左方向の移動と音高の下降の組み合わせが調和する。",
author = "勲 蘇 and 基弘 金 and 眞一郎 岩宮",
year = "2009",
month = "11",
day = "1",
language = "Japanese",
volume = "65",
pages = "555--562",
journal = "日本音響学会誌",
issn = "0369-4232",
publisher = "一般社団法人日本音響学会",
number = "11",

}

TY - JOUR

T1 - 映像の切り替えパターンと音高の変化パターンの調和

AU - 蘇, 勲

AU - 金, 基弘

AU - 岩宮, 眞一郎

PY - 2009/11/1

Y1 - 2009/11/1

N2 - 映像メディアにおいて,あるシーンが別のシーンに転換するとき,様々な切り替えパターンが用いられ,切り替えパターンを効果的にするために効果音が付加される。本研究では,映像の切り替えパターンと音高の変化パターンを組み合わせたときの調和感を,日本人・韓国人・中国人を対象とした印象評価実験によって検討した。上下方向の映像の切り替えに関しては,映像と音高の変化方向が一致している場合に高い調和感が得られる。拡大縮小パターンでは,拡大パターンには音高の上昇,縮小パターンには音高の下降が調和感を形成する。左右方向の映像の切り替えに関しては,右方向の移動と音高の上昇,左方向の移動と音高の下降の組み合わせが調和する。

AB - 映像メディアにおいて,あるシーンが別のシーンに転換するとき,様々な切り替えパターンが用いられ,切り替えパターンを効果的にするために効果音が付加される。本研究では,映像の切り替えパターンと音高の変化パターンを組み合わせたときの調和感を,日本人・韓国人・中国人を対象とした印象評価実験によって検討した。上下方向の映像の切り替えに関しては,映像と音高の変化方向が一致している場合に高い調和感が得られる。拡大縮小パターンでは,拡大パターンには音高の上昇,縮小パターンには音高の下降が調和感を形成する。左右方向の映像の切り替えに関しては,右方向の移動と音高の上昇,左方向の移動と音高の下降の組み合わせが調和する。

M3 - 記事

VL - 65

SP - 555

EP - 562

JO - 日本音響学会誌

JF - 日本音響学会誌

SN - 0369-4232

IS - 11

ER -