Successes and Failures among Porcelain Trading Firms in the Early Meiji Period: The Cases of Morimura Bro., Inc. and Kiryu Kosho&Co.

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

明治期の陶磁器直輸出商社である森村組と起立工商会社を比較分析することにより、直輸出商社の成功と失敗の分水嶺を明らかにしている。佐賀閥との関係で政府融資を多額に受けた起立工商会社が、かえって無責任な経営に終始していたのに対して、土佐閥が政府から下野したために、独力の自己責任で経営を行わざるを得なかった森村組のほうが、より経営を律して成功していった様子を明らかにしている。
Original languageEnglish
Pages (from-to)97-116
Number of pages20
JournalJapanese Yearbook on Business History
Volume24
DOIs
Publication statusPublished - Oct 2007

Cite this