タッピング法によるリズム表現に関する検討 -日本人と中国人の比較-

Translated title of the contribution: Temporal structure difference of tapping performance between Japanese and Chinese

安東 泰宏, 岩宮 眞一郎

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)649-650
Number of pages2
Journal日本音響学会研究発表会講演論文集 日本音響学会 編
Volume1997
Issue number2
Publication statusPublished - Sep 1 1997

Cite this

タッピング法によるリズム表現に関する検討 -日本人と中国人の比較-. / 安東泰宏; 岩宮眞一郎.

In: 日本音響学会研究発表会講演論文集 日本音響学会 編, Vol. 1997, No. 2, 01.09.1997, p. 649-650.

Research output: Contribution to journalArticle

@article{b0225a11076a4c719d85ba3b68315b74,
title = "タッピング法によるリズム表現に関する検討 -日本人と中国人の比較-",
author = "泰宏 安東 and 眞一郎 岩宮",
year = "1997",
month = "9",
day = "1",
language = "Japanese",
volume = "1997",
pages = "649--650",
journal = "日本音響学会研究発表会講演論文集 日本音響学会 編",
issn = "1880-7658",
publisher = "一般社団法人日本音響学会",
number = "2",

}

TY - JOUR

T1 - タッピング法によるリズム表現に関する検討 -日本人と中国人の比較-

AU - 安東, 泰宏

AU - 岩宮, 眞一郎

PY - 1997/9/1

Y1 - 1997/9/1

UR - http://ci.nii.ac.jp/naid/10002881864

M3 - 記事

VL - 1997

SP - 649

EP - 650

JO - 日本音響学会研究発表会講演論文集 日本音響学会 編

JF - 日本音響学会研究発表会講演論文集 日本音響学会 編

SN - 1880-7658

IS - 2

ER -