新方式作業道の開設および耐久試験

Translated title of the contribution: The construction and durability test of new type forest road

壁村 勇二, 鍜治 清弘, 井上 幸子, 久保田 勝義, 馬渕 哲也, 熊谷 朝臣, 内海 泰弘

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

九州大学農学部附属演習林宮崎演習林は傾斜30度以上の急傾斜地が約30%を占め,また林道密度が5.6m/haと低く,木材の搬出は主に架線を用いている。そのため生産費用が高く,間伐材の搬出により利益を上げることは困難であるため,間伐材はすべて切り捨て処分としている。木材の生産費用を下げるためには林道の開設が有効であるが,急峻な地形と多雨地帯という地理条件のため開設箇所が限定されてきた。高知県四万十町では,構造物を用いず低費用で耐久性の高い,新方式作業道の開設が行われている。そこで,宮崎演習林のような急傾斜地における最適な林道開設方法を明らかにすることを目的として,四万十町方式に準じた作業道(新方式作業道)と試験地周辺で一般的な方式の作業道(従来方式作業道)を近接地に開設し,作業道の強度と耐久性,開設費用の比較を行った。その結果,両方式で開設費用の面では差がなく,新方式作業道の土壌硬度は1年2ヶ月間の計測で常に従来方式作業道を上回り,路面の強度・耐久性の面で従来式に勝ることが示唆された。
Translated title of the contributionThe construction and durability test of new type forest road
Original languageJapanese
Pages (from-to)63-74
Number of pages12
JournalBulletin of the Kyusyu University Forests
Issue number89
Publication statusPublished - Mar 2008

Cite this

壁村勇二, 鍜治清弘, 井上幸子, 久保田勝義, 馬渕哲也, 熊谷朝臣, & 内海泰弘 (2008). 新方式作業道の開設および耐久試験. Bulletin of the Kyusyu University Forests, (89), 63-74. http://id.ndl.go.jp/bib/10766712