弾性マッチング二題: 最適化法を変えて広がる応用 (パターン認識・メディア理解)

Translated title of the contribution: Two Topics on Elastic Matching

内田 誠一, 柿迫 良輔, 深澤 大我, フォルクマー フリンケン, ヤオカイ フォン

Research output: Contribution to journalArticlepeer-review

Abstract

弾性マッチングは,音声認識や文字認識,ステレオマッチング等に広く用いられている.一種の最適化問題として定式化され,その大局的最適解は,多くの場合,動的計画法を用いて求めることができる.ところで,大局的最適解は,他の方法でも求めることができる.例えばグラフカットや整数線形計画法である.本稿では,動的計画法以外の大局的最適化手法を用いることで,従前より機能強化された弾性マッチングを実現できることを紹介する.
Translated title of the contributionTwo Topics on Elastic Matching
Original languageJapanese
Pages (from-to)91-96
Number of pages6
JournalIEICE technical report
Volume113
Issue number346
Publication statusPublished - Dec 12 2013

Cite this