What expanded U.S. imports of services? Graphical modeling analysis of personal network and income level

Akihiko Shinozaki, Shigehiro Kubota

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

本稿では、所得水準、ITネットワーク環境、人的交流、共通言語(英語)といった対米サービス貿易拡大の諸要因について、それらが相互にどう関係しあっているか、グラフィカルモデリング(GM)の手法を用いて変数間の構造分析を行った。その結果、第1に、対米サービス貿易に直接的な影響があるのは、1人当たり国民所得とH-1Bビザ取得者数であること、第2に、低所得国ほど米国のH-1Bビザ取得による人的交流が盛んであり、それが対米サービス輸出の拡大をもたらす経路があること、第3に、ITネットワーク環境は所得水準やビザ取得の経路を通じて間接的に対米サービス貿易に影響していることが明らかとなった。
Translated title of the contributionWhat expanded U.S. imports of services?: Graphical modeling analysis of personal network and income level
Original languageJapanese
Pages (from-to)17-33
JournalInfoCom REVIEW
Volume67
Publication statusPublished - Jul 2016

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • Economics, Econometrics and Finance(all)

Cite this

対米サービス貿易拡大要因の構造分析 : グラフィカルモデリングによる諸変数の相互関係探索. / Shinozaki, Akihiko; Kubota, Shigehiro.

In: InfoCom REVIEW, Vol. 67, 07.2016, p. 17-33.

Research output: Contribution to journalArticle

@article{0a985a43d6b14c859b99878da3b23874,
title = "対米サービス貿易拡大要因の構造分析: グラフィカルモデリングによる諸変数の相互関係探索",
abstract = "本稿では、所得水準、ITネットワーク環境、人的交流、共通言語(英語)といった対米サービス貿易拡大の諸要因について、それらが相互にどう関係しあっているか、グラフィカルモデリング(GM)の手法を用いて変数間の構造分析を行った。その結果、第1に、対米サービス貿易に直接的な影響があるのは、1人当たり国民所得とH-1Bビザ取得者数であること、第2に、低所得国ほど米国のH-1Bビザ取得による人的交流が盛んであり、それが対米サービス輸出の拡大をもたらす経路があること、第3に、ITネットワーク環境は所得水準やビザ取得の経路を通じて間接的に対米サービス貿易に影響していることが明らかとなった。",
author = "Akihiko Shinozaki and Shigehiro Kubota",
year = "2016",
month = "7",
language = "Japanese",
volume = "67",
pages = "17--33",
journal = "InfoCom REVIEW",
issn = "1341-0024",

}

TY - JOUR

T1 - 対米サービス貿易拡大要因の構造分析

T2 - グラフィカルモデリングによる諸変数の相互関係探索

AU - Shinozaki, Akihiko

AU - Kubota, Shigehiro

PY - 2016/7

Y1 - 2016/7

N2 - 本稿では、所得水準、ITネットワーク環境、人的交流、共通言語(英語)といった対米サービス貿易拡大の諸要因について、それらが相互にどう関係しあっているか、グラフィカルモデリング(GM)の手法を用いて変数間の構造分析を行った。その結果、第1に、対米サービス貿易に直接的な影響があるのは、1人当たり国民所得とH-1Bビザ取得者数であること、第2に、低所得国ほど米国のH-1Bビザ取得による人的交流が盛んであり、それが対米サービス輸出の拡大をもたらす経路があること、第3に、ITネットワーク環境は所得水準やビザ取得の経路を通じて間接的に対米サービス貿易に影響していることが明らかとなった。

AB - 本稿では、所得水準、ITネットワーク環境、人的交流、共通言語(英語)といった対米サービス貿易拡大の諸要因について、それらが相互にどう関係しあっているか、グラフィカルモデリング(GM)の手法を用いて変数間の構造分析を行った。その結果、第1に、対米サービス貿易に直接的な影響があるのは、1人当たり国民所得とH-1Bビザ取得者数であること、第2に、低所得国ほど米国のH-1Bビザ取得による人的交流が盛んであり、それが対米サービス輸出の拡大をもたらす経路があること、第3に、ITネットワーク環境は所得水準やビザ取得の経路を通じて間接的に対米サービス貿易に影響していることが明らかとなった。

M3 - 記事

VL - 67

SP - 17

EP - 33

JO - InfoCom REVIEW

JF - InfoCom REVIEW

SN - 1341-0024

ER -