Where Does Gmc. *og- 'fear' Come From? : The Problem of the Original Base Structure

祖語における語基構造の問題

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

ゲルマン語第VI類過去現在動詞である*ō g-「恐れている」が,印欧祖語のどのような語 基を反映したものであるが,従来の印欧語及びゲルマン語比較言語学研究では,定説と言 えるものが存在しない。本論文の目的は,過去の研究それぞれの長所及び短所を洗い出し, その上で新たな説明を提案することである。  本論文の提案は,*ō g-を生み出した印欧祖語の語基の構造は,*h_2e-H-gh-と表示される ものであり,それは語根*h_2e-H-gh-の母音後位置にラリンジャル子音が接中辞として挿入さ れたものであるということである。このようなラリンジャル子音の(母音後位置への)接 辞は,Karstien(1971)によって提唱された印欧祖語一般接中理論によって認可されるもの であることを主張し,ラリンジャル子音の語根への接中という設定への独立的動機付けが 存在することを,ゲルマン語内資料を用いて独自に裏付けている。
Original languageEnglish
Pages (from-to)139-148
Number of pages10
Journal言語文化論究
Volume13
DOIs
Publication statusPublished - Feb 28 2001

Cite this

@article{6228d48c4e114d1d87506e299f54fdc7,
title = "Where Does Gmc. *og- 'fear' Come From? : The Problem of the Original Base Structure: 祖語における語基構造の問題",
abstract = "ゲルマン語第VI類過去現在動詞である*ō g-「恐れている」が,印欧祖語のどのような語 基を反映したものであるが,従来の印欧語及びゲルマン語比較言語学研究では,定説と言 えるものが存在しない。本論文の目的は,過去の研究それぞれの長所及び短所を洗い出し, その上で新たな説明を提案することである。  本論文の提案は,*ō g-を生み出した印欧祖語の語基の構造は,*h_2e-H-gh-と表示される ものであり,それは語根*h_2e-H-gh-の母音後位置にラリンジャル子音が接中辞として挿入さ れたものであるということである。このようなラリンジャル子音の(母音後位置への)接 辞は,Karstien(1971)によって提唱された印欧祖語一般接中理論によって認可されるもの であることを主張し,ラリンジャル子音の語根への接中という設定への独立的動機付けが 存在することを,ゲルマン語内資料を用いて独自に裏付けている。",
author = "Toshiya Tanaka",
year = "2001",
month = "2",
day = "28",
doi = "10.15017/5363",
language = "English",
volume = "13",
pages = "139--148",
journal = "言語文化論究",
issn = "1341-0032",
publisher = "九州大学大学院言語文化研究院",

}

TY - JOUR

T1 - Where Does Gmc. *og- 'fear' Come From? : The Problem of the Original Base Structure

T2 - 祖語における語基構造の問題

AU - Tanaka, Toshiya

PY - 2001/2/28

Y1 - 2001/2/28

N2 - ゲルマン語第VI類過去現在動詞である*ō g-「恐れている」が,印欧祖語のどのような語 基を反映したものであるが,従来の印欧語及びゲルマン語比較言語学研究では,定説と言 えるものが存在しない。本論文の目的は,過去の研究それぞれの長所及び短所を洗い出し, その上で新たな説明を提案することである。  本論文の提案は,*ō g-を生み出した印欧祖語の語基の構造は,*h_2e-H-gh-と表示される ものであり,それは語根*h_2e-H-gh-の母音後位置にラリンジャル子音が接中辞として挿入さ れたものであるということである。このようなラリンジャル子音の(母音後位置への)接 辞は,Karstien(1971)によって提唱された印欧祖語一般接中理論によって認可されるもの であることを主張し,ラリンジャル子音の語根への接中という設定への独立的動機付けが 存在することを,ゲルマン語内資料を用いて独自に裏付けている。

AB - ゲルマン語第VI類過去現在動詞である*ō g-「恐れている」が,印欧祖語のどのような語 基を反映したものであるが,従来の印欧語及びゲルマン語比較言語学研究では,定説と言 えるものが存在しない。本論文の目的は,過去の研究それぞれの長所及び短所を洗い出し, その上で新たな説明を提案することである。  本論文の提案は,*ō g-を生み出した印欧祖語の語基の構造は,*h_2e-H-gh-と表示される ものであり,それは語根*h_2e-H-gh-の母音後位置にラリンジャル子音が接中辞として挿入さ れたものであるということである。このようなラリンジャル子音の(母音後位置への)接 辞は,Karstien(1971)によって提唱された印欧祖語一般接中理論によって認可されるもの であることを主張し,ラリンジャル子音の語根への接中という設定への独立的動機付けが 存在することを,ゲルマン語内資料を用いて独自に裏付けている。

U2 - 10.15017/5363

DO - 10.15017/5363

M3 - Article

VL - 13

SP - 139

EP - 148

JO - 言語文化論究

JF - 言語文化論究

SN - 1341-0032

ER -