KNLを用いたFDMコードの自動チューニングとGPU適用の最新動向

  • Takahiro Katagiri (講演者)
  • Satoshi Ohshima (講演者)
  • Masaharu Matsumoto (講演者)

    活動: 講演またはプレゼンテーション 口演発表

    期間6月 5 2017
    イベント タイトル2017年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS2017)
    イベント タイプその他
    場所Kobe, 日本