遺伝子・細胞療法部

フィンガープリント 遺伝子・細胞療法部が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    研究成果

    Pathophysiology of chronic lymphocytic leukemia and human B1 cell development

    Kikushige, Y., 5 1 2020, : : International journal of hematology. 111, 5, p. 634-641 8 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿評論記事

  • Anti-GPRC5D/CD3 bispecific T-cell-redirecting antibody for the treatment of multiple myeloma

    Kodama, T., Kochi, Y., Nakai, W., Mizuno, H., Baba, T., Habu, K., Sawada, N., Tsunoda, H., Shima, T., Miyawaki, K., Kikushige, Y., Mori, Y., Miyamoto, T., Maeda, T. & Akashi, K., 1 1 2019, : : Molecular Cancer Therapeutics. 18, 9, p. 1555-1564 10 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 5 引用 (Scopus)

    Cell-based screen identifies a new potent and highly selective CK2 inhibitor for modulation of circadian rhythms and cancer cell growth

    Oshima, T., Niwa, Y., Kuwata, K., Srivastava, A., Hyoda, T., Tsuchiya, Y., Kumagai, M., Tsuyuguchi, M., Tamaru, T., Sugiyama, A., Ono, N., Zolboot, N., Aikawa, Y., Oishi, S., Nonami, A., Arai, F., Hagihara, S., Yamaguchi, J., Tama, F., Kunisaki, Y. および6人, Yagita, K., Ikeda, M., Kinoshita, T., Kay, S. A., Itami, K. & Hirota, T., 1 23 2019, : : Science Advances. 5, 1, eaau9060.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 15 引用 (Scopus)