免疫・膠原病・感染症内科

フィンガープリント 免疫・膠原病・感染症内科が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    研究成果

    Anti-citrullinated protein antibody titre as a predictor of abatacept treatment persistence in patients with rheumatoid arthritis: a prospective cohort study in Japan

    Endo, Y., Koga, T., Kawashiri, S. Y., Morimoto, S., Nishino, A., Okamoto, M., Eguchi, M., Tsuji, S., Takatani, A., Shimizu, T., Sumiyoshi, R., Igawa, T., Iwamoto, N., Ichinose, K., Tamai, M., Nakamura, H., Origuchi, T., Ueki, Y., Yoshitama, T., Eiraku, N. および10人, Matsuoka, N., Okada, A., Fujikawa, K., Hamada, H., Tsuru, T., Nagano, S., Arinobu, Y., Hidaka, T., Tada, Y. & Kawakami, A., 1 2 2020, : : Scandinavian Journal of Rheumatology. 49, 1, p. 13-17 5 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 3 引用 (Scopus)
    公開
  • Homeostatic milieu induces production of deoxyribonuclease 1-like 3 from myeloid cells

    Inokuchi, S., Mitoma, H., Kawano, S., Nakano, S., Ayano, M., Kimoto, Y., Akahoshi, M., Arinobu, Y., Tsukamoto, H., Akashi, K., Horiuchi, T. & Niiro, H., 4 15 2020, : : Journal of Immunology. 204, 8, p. 2088-2097 10 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事