言語環境学部門

研究成果

フィルター
記事
1984

British National Debate Tournament

Inoue, N., 1984, : : Forensic Journal. 6, p. 31-40

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
1985

A Study on There-Construction

Matsumura, Y., 1 1985, : : 北九州大学文学部紀要. 34, p. p61-90

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

'Drift'を考える

飯田秀敏 & 田中俊也, 10 15 1985, : : 言語文化論集. 7, 1, p. 19-52 34 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

英語教育の中のディベート

井上奈良彦, 2 25 1985, : : 筑波英語教育. 6, p. 4-14 11 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

1987

A System with Less Extendive Barriers

Suzuki, Y., 11 1987, : : Metropolitan Linguistics. 7, p. 53-66

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

1988

Case-marking of the Subject in NP-ing

Suzuki, Y., 11 1988, : : Metropolitan Linguistics. 8, p. 1-12

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

On Poss-ing Construction

Suzuki, Y., 3 1 1988, : : 千葉大学大学院人文科学研究. 1, p. 16-36

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

1989

From Possibility/Necessity to Necessity/Possibility Modals--Evidence from Germanic Languages

田中俊也, 3 1 1989, : : 英語英文学論集. 20, p. p111-132

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Subject as Spec of AgrP

Suzuki, Y., 11 1989, : : Metropolitan Linguistics. 9, p. 35-51

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

日本人大学生の英文構成力に関する一考察

井上奈良彦, 1989, : : 福岡教育大学紀要 第1分冊 文科編. 38, p. p1-10

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

1990

CANの核意味構造について--意味変化の観点から

田中俊也, 3 15 1990, : : 鹿児島大学教育学部研究紀要 人文社会科学編. 41, p. p175-192 18 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

not-to Alternation and wanna-Contraction

Suzuki, Y., 10 1990, : : Metropolitan Linguistics. 10, p. 76-89

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Semantic changes of CAN and MAY: Differentiation and implication

Tanaka, T., 1990, : : Linguistics. 28, 1, p. 89-124 36 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

6 引用 (Scopus)
1991
4 引用 (Scopus)

Formulaic Speech in American Collegiate Debating

井上奈良彦, 1991, : : 福岡教育大学紀要 第1分冊 文科編. 40, p. p13-28

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Wh-Criterion and Head Movement

Suzuki, Y., 11 1991, : : Metropolitan Linguistics. 11, p. 79-100

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

疑問節とWH基準 (現代の理論言語学と言語心理学<特集>)

鈴木右文, 11 1992, : : 英語青年. 138, 8, p. p388-390

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

1993

David Lightfoot,<I>How to Set Parameters:Arguments from Language Change</I>

田中俊也, 6 26 1993, : : Studies in Modern English. 1993, 9, p. 81-86 6 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Mental Representations in Developing Modals: A Cross-Linguistic and Cross-Cultural Review

Tanaka, T., 1 1 1993, : : Advances in Psychology. 103, C, p. 77-94 18 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Review Article of Move-α

Suzuki, Y., 1993, : : 言語科学. 28, p. 15-33 19 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

On the Anthropology of Television: A Perspective from Japan

Painter, A. A., 1994, : : The Visual Anthropology Review. 10, 1, p. 70-84 14 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
ファイル
6 引用 (Scopus)
1 ダウンロード数 (Pure)
1995

AME/AMABAのアスペクト対立に基づく諸解釈について

山村., 1995, : : 言語科学. 30, p. 113-139 27 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Rightward Movements in Double Complement Constructions

Suzuki, Y., 1995, : : 言語科学. 30, p. 81-88 8 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

いわゆる〜テイルの交替形としての〜タ

松村瑞子, 1995, : : 言語科学. 30, p. 105-112 8 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

1996

canté/cantabaのアスペクト対立に基づく解釈をめぐって

山村., 1996, : : HISPANICA / HISPÁNICA. 1996, 40, p. 48-62 15 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

canteと事行の時間構造

山村., 1996, : : 独仏文學研究. 46, p. 113-133 21 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Introducing Debate Into College Classrooms: An Argumentation Approach

Inoue, N., 9 21 1996, : : JACET全国大会要綱. 35, p. 268-269 2 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Traditions of "Debate" in Japan

Inoue, N., 1996, : : Bulletin of the Graduate School of Social and Cultural Studies, Kyushu University. 2, p. 149-161 13 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

進行形と〜テイル形: 未完結と既完結

松村瑞子, 2 1996, : : 英語英文学論叢 = Studies in English language and literature. 46, p. 17-31 15 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

大学生の外国志向と外国語教育

鈴木右文, 1996, : : 言語科学. 31, p. 103-108 6 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

本誌鈴木、大津、田中の各論文の共通資料

鈴木右文, 大津隆広 & 田中陽子, 1996, : : 言語科学. 31, p. 129-139 11 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

1997

canté形, cantaba形と時間的限定性

山村., 1997, : : HISPANICA / HISPÁNICA. 1997, 41, p. 53-66 14 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Proving, Attacking, and Defending: An Analysis of Debating in English Speaking Societies(ESS)

Inoue, N., 1997, : : 言語科学. 32, p. 1-17 17 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Remarks on Kurzova's Model of Indo-European Structural Change, from D-F to P-F(Part 2)

Tanaka, T., 2 28 1997, : : 言語科学. 32, p. 39-95 57 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Remarks on Kurzova's Model of Indo-European Structural Change, from D-F to P-F(Part 2)

Tanaka, T., 2 26 1997, : : 言語科学. 32, p. 39-95 57 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

serコピュラ文のpreterioによる表出について

山村., 1997, : : 独仏文學研究. 47, p. 81-102 22 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

束縛と主題役割

鈴木右文, 1997, : : 言語科学. 32, p. 145-151 7 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

対照のimperfecto

山村., 1997, : : 言語科学. 32, p. 153-180 28 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

日本語の歴史的現在と主語の人称

松村瑞子, 1997, : : 言語科学. 32, p. 123-132 10 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

1998