言語環境学部門

研究成果

フィルター
記事
2009

Cross-Cultural Responses to Arguments in High and Low Context Messages

Inoue, N., Hanzen, M. D., Fouecade, S. & Maruta, N., 3 31 2009, : : 言語科学. 44, p. 33-43 11 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

El concepto de predicado de estadio y la ensenanza de los verbos atributivos: tratamiento alternativo de la oposicion ser y estar

Morimoto, Y., Omori, H. & Yamamura, H., 2009, : : スペイン語学研究. 24, p. 51-73 23 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Using short dependency relations from auto-parsed data for Chinese dependency parsing

Chen, W., Kawahara, D., Uchimoto, K., Zhang, Y. & Isahara, H., 8 1 2009, : : ACM Transactions on Asian Language Information Processing. 8, 3, 10.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

4 引用 (Scopus)

スペイン語の未遂表現―"por poco + 動詞"と"casi + 動詞"―

山村., 2009, : : HISPANICA / HISPÁNICA. 2009, 53, p. 83-104 22 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

海外英語研修の効果と条件--九州大学のケンブリッジ大学英語研修

鈴木右文, 2009, : : 言語文化論究. 24, p. 19-27 9 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

鈴木敦典先生との思い出

鈴木右文, 2009, : : e-Learning教育研究. 4, 0, p. 57-59 3 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

論理関係を表す副詞(句)に関する辞書記述をめぐって

内田諭, 2 2009, : : 杏林大学研究報告 教養部門. 26, p. 119-129 11 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2008

Food security and international fisheries policy in Japan's postwar planning

Smith, R. D., 12 3 2008, : : Social Science Japan Journal. 11, 2, p. 259-276 18 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

6 引用 (Scopus)

Kurzpraktikum in Deutschland: Neues Konzept einer Studienreise

Kasjan, A., 2008, : : 西日本ドイツ文学. 20, p. 1-10 11 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Parcer構文の記述的再検討

山村., 2008, : : 言語科学. 43, p. 1-25 25 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

オンラインマルチメディア英和辞書における画像資料の選択

鈴木右文, 2008, : : 言語文化論究. 23, p. 17-25 9 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

大学英語CALL授業での自律学習における受講者の行動

鈴木右文, 2008, : : 言語科学. 43, p. 87-93 7 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

日本語母語話者のためのスペイン語点過去と線過去の教授法をめぐって

山村., 2008, : : 言語文化論究. 23, p. 69-88 20 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2007

Extraction of questions behind messages

Matsumura, N., Kawahara, D., Okamoto, M., Kurohashi, S. & Nishida, T., 1 1 2007, : : Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence. 22, 1, p. 93-102 10 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2 引用 (Scopus)

La percepción y el fenómeno lingüístico -En torno al verbo "parecer"

山村. & 大森洋子, 12 2007, : : Linguistica Hispanica. 30, p. 87-106 20 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

九州大学の英語新カリキュラムとCALL科目の導入

鈴木右文, 2007, : : 言語科学. 42, p. 1-11 11 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

佐々部清監督映画作品における「感謝」について

鈴木右文, 2007, : : 言語文化論究. 22, p. 49-57 9 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

人間関係のメタファーにおけるスキーマ類型

水野真紀子, 内田諭 & Nagy, A., 2007, : : 日本認知言語学会論文集. 7, p. 120-130[含 英語文要旨]

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2006

Influence of Debate Training on Its Participants: Effects of Critical Thinking Abilities

Kamada, H. & Inoue, N., 2006, : : 言語科学. 41, p. 1-17 17 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

TOEICによる九州大学工学部生の英語教育効果測定をめぐって

鈴木右文, 2006, : : 言語文化論究. 21, p. 49-55 7 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

英語IT対面授業の現状と今後の展望について

田中俊也, 9 30 2006, : : 言語科学. 41, p. 57-62 6 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

時・相・法: フランス語・ドイツ語・スペイン語の対照的観点から

小熊和郎, 黒谷茂宏, 山村. & 春木仁孝, 2006, : : フランス語学研究. 40, 1, p. 78-87 10 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2005

Cards-to-presentation on the web: Generating multimedia contents featuring agent animations

Nakano, Y. I., Murayama, T., Okamoto, M., Kawahara, D., Li, Q., Kurohashi, S. & Nishida, T., 8 1 2005, : : Journal of Network and Computer Applications. 29, 2-3, p. 83-104 22 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

3 引用 (Scopus)
1 引用 (Scopus)

futuroとpréterito perfecto simple / préterito imperfectoの関係:機能的対比の観点から

山村., 2004, : : HISPANICA / HISPÁNICA. 2004, 48, p. 31-47 17 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Structural Analysis of Instruction Utterances Using Linguistic and Visual Information

Shibata, T., Tachiki, M., Kawahara, D., Okamoto, M., Kurohashi, S. & Nishida, T., 12 1 2004, : : Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics). 3213, p. 393-400 8 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

3 引用 (Scopus)

宮沢賢治「風の又三郎」におけるオノマトペ: 英・仏・ル翻訳との対照

Hamciuc, M., Hamciuc, M. & 松村瑞子, 2004, : : 言語科学. 39, p. 43-66 24 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

九州大学におけるNetAcademyの導入

鈴木右文, 2004, : : 言語科学. 39, p. 149-154 6 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

九州大学におけるTOEICの試行

鈴木右文, 2004, : : 言語科学. 39, p. 167-170 4 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2003

El adverbio siempre y las dos formas verbales del pasado

Yamamura, H., 2003, : : HISPANICA / HISPÁNICA. 2003, 47, p. 74-89 16 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

語法研究 語用論的同質性のみられる等位構文

江口巧, 1 2003, : : 英語青年. 148, 10, p. 636-637,659

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

大学英語教育における「新しい」教育の試み: 一教師の実践と考察から

井上奈良彦, 3 2003, : : 大学教育. 9, p. 61-79 19 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事