研究成果 1993 2019

2019
1 引用 (Scopus)

An essential role of the intraparietal sulcus in response inhibition predicted by parcellation-based network

Osada, T., Ohta, S., Ogawa, A., Tanaka, M., Suda, A., Kamagata, K., Hori, M., Aoki, S., Shimo, Y., Hattori, N., Shimizu, T., Enomoto, H., Hanajima, R., Ugawa, Y. & Konishi, S., 1 28 2019, : : The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Parietal Lobe
Executive Function
Transcranial Magnetic Stimulation
Inhibition (Psychology)
Reaction Time

Inter-participant variabilities and sample sizes in P300 and P600

Yano, M., Suwazono, S., Arao, H., Yasunaga, D. & Oishi, H., 6 1 2019, : : International Journal of Psychophysiology. 140, p. 33-40 8 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Sample Size
Psychophysiology
Language
Observation
Brain
2018
1 引用 (Scopus)

Processing of non-canonical word orders in (in)felicitous contexts: evidence from event-related brain potentials

Yano, M. & Koizumi, M., 11 26 2018, : : Language, Cognition and Neuroscience. 33, 10, p. 1340-1354 15 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Evoked Potentials
brain
pragmatics
Language
event
1 引用 (Scopus)

Tonal neutralization in the Ikema dialect of Miyako Ryukyuan

Igarashi, Y., Takubo, Y., Hayashi, Y. & Kubo, T., 3 5 2018, Tonal Change and Neutralization. Walter de Gruyter GmbH, 巻 27. p. 83-128 46 p.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

neutralization
dialect
Group
Tonal
Neutralization
2017

Activation changes of the left inferior frontal gyrus for the factors of construction and scrambling in a sentence

Tanaka, K., Ohta, S., Kinno, R. & Sakai, K. L., 8 2 2017, : : Proceedings of the Japan Academy Series B: Physical and Biological Sciences. 93, 7, p. 511-522 12 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

sentences
cortexes
Motor Cortex
Prefrontal Cortex
syntax

Computational principles of syntax in the regions specialized for language: Integrating theoretical linguistics and functional neuroimaging

Ohta, S. & Sakai, K. L., 4 24 2017, Merge in the Mind-Brain: Essays on Theoretical Linguistics and the Neuroscience of Language. Taylor and Francis, p. 237-264 28 p.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

syntax
activation
merger
linguistics
language
1 引用 (Scopus)
Language
Magnetic Resonance Imaging
Temporal Lobe
Semantics
Motor Cortex
2 引用 (Scopus)

Event-related brain indices of gap-filling processing in Kaqchikel

Yano, M., Yasunaga, D. & Koizumi, M., 1 1 2017, Event-Related Potential (ERP): Methods, Outcomes and Research Insights. Nova Science Publishers, Inc., p. 89-121 33 p.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

Language
Brain
Guatemala
Population Groups
Individuality

Syntactic computation in the human brain: The degree of merger as a key factor

Ohta, S. & Sakai, K. L., 4 24 2017, Merge in the Mind-Brain: Essays on Theoretical Linguistics and the Neuroscience of Language. Taylor and Francis, p. 181-236 56 p.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

merger
activation
brain
symbol
Mergers
2016

An attempt to promote open data for digital humanities in Japanese university libraries

Ishita, E., Nakatoh, T., hatano, K. & Takayama, M., 1 1 2016, Digital Libraries: Knowledge, Information, and Data in an Open Access Society - 18th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries, ICADL 2016, Proceedings. Springer Verlag, p. 269-274 6 p. (Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics); 巻数 10075 LNCS).

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

Resources
Digital Image
Repository
Libraries
Universities
comprehension
evidence
Evoked Potentials
Costs and Cost Analysis
brain

三國志演義成立史の研究

Inokuchi, C., 3 7 2016, 東京,日本: 汲古書院.

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

山岡元隣『宝蔵』箋註(5)巻三(一)~(八)

川平敏文, 7 2016, : : 雅俗. 15, p. 64-74 11 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

神経科学実験と多変量解析による音韻理論の実証

Ohta, S., 9 20 2016, 現代音韻論の動向: 日本音韻論学会20周年記念論文集. p. 114-117 4 p.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

長崎先民伝注解: 近世長崎の文苑と学芸

盧千里, 若木太一, 高橋昌彦, 川平敏文 & 盧草拙, 2016, [勉誠出版].

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

明朝勲戚武定侯郭氏と文学: 家譜・年譜

井口千雪, 12 2016, : : 京都府立大学学術報告. 人文. 68, p. 93-152 60 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

連濁の生起率に基づく日本語複合語の分類: 連濁データベースによる研究

太田聡, 太田真理, Satoshi, OHTA. & Ohta, S., 1 2016, : : 国立国語研究所論集. 10, p. 179-191 13 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2015

21pBL-7 DCMによる脳領野間の有効結合の推定

新谷俊了, 太田真理, 酒井邦嘉 & 篠本滋, 2015, : : 日本物理学会講演概要集. 70, 0, p. 2933

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

21pBL-7 DCMによる脳領野間の有効結合の推定

新谷俊了, 太田真理, 酒井邦嘉 & 篠本滋, 3 21 2015, : : 日本物理学会講演概要集. 70, 1, p. 2933

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

9 引用 (Scopus)

Is the subject-before-object preference universal? An event-related potential study in the Kaqchikel Mayan language

Yasunaga, D., Yano, M., Yasugi, Y. & Koizumi, M., 10 21 2015, : : Language, Cognition and Neuroscience. 30, 9, p. 1209-1229 21 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Evoked Potentials
Language
event
comprehension
language
5 引用 (Scopus)

Processing of Japanese Cleft Constructions in Context: Evidence from Event-Related Brain Potentials

Yano, M., Tateyama, Y. & Sakamoto, T., 6 22 2015, : : Journal of Psycholinguistic Research. 44, 3, p. 277-286 10 p., 5.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Evoked Potentials
brain
Language
event
Brain

「近世文藝」一〇〇号記念パネルディスカッション 「翻刻の未来」概要

川平敏文, 1 2015, : : 近世文藝. 101, p. 49-58 10 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

山岡元隣『宝蔵』箋註(4)巻二(十)~(十五)

川平敏文, 7 2015, : : 雅俗. 14, p. 97-109 13 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

従好談: 翻刻と解題(2)

川平敏文 & 村上義明, 3 2015, : : 文献探究. 53, p. 56-76 21 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

鼎談 教養の射程: 日本文化の展開と書物

川平敏文, 鈴木健一 & 佐藤至子, 7 2015, : : 書物学 = Bibliology. 5, p. 1-12 12 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

徒然草の十七世紀: 近世文芸思潮の形成

川平敏文, 2015, 岩波書店.

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

統語意味論

Ueyama, A., 11 20 2015, 名古屋大学出版会. 295 p.

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

特集 鼎談 出版文化と江戸の教養

川平敏文, 鈴木健一 & 佐藤至子, 2 2015, : : 書物学 = Bibliology. 4, p. 2-23 22 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2014

『三國志演義』の基づいた歴史書: 終盤を中心に

井口千雪, 11 2014, : : 和漢語文研究. 12, p. 168-183 16 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

『三國志演義』三系統の版本の繼承關係: 劉龍田本をてがかりに

井口千雪, 1 2014, : : 東方学. 127, p. 100-115 16 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

『従好談』: 翻刻と解題(1)

川平敏文 & 村上義明, 3 2014, : : 文献探究. 52, p. 68-91 24 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

江戸文学を選び直す: 現代語訳付き名文案内

井上泰至, 田中康二, 川平敏文, 一戸渉, 高山大毅, 勢田道生, 池澤一郎, 木越俊介, 佐藤至子 & 日置貴之, 2014, 笠間書院.

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

山岡元隣『宝蔵』箋註(3)巻二(一)~(九)

川平敏文, 7 2014, : : 雅俗. 13, p. 71-85 15 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

書評と紹介 森正人・稲葉継陽編『細川家の歴史資料と書籍: 永青文庫資料論』

川平敏文, 4 2014, : : 日本歴史. 791, p. 112-114 3 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2013
23 引用 (Scopus)

Syntactic Computation in the Human Brain: The Degree of Merger as a Key Factor

Ohta, S., Fukui, N. & Sakai, K. L., 2 20 2013, : : PloS one. 8, 2, e56230.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Parietal Lobe
Diffusion Tensor Imaging
Motor Cortex
Syntactics
Linguistics

関索説話に関する考察

井口千雪, 11 2013, : : 和漢語文研究. 11, p. 205-227 23 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

岩田彦助の人と思想: 熊沢蕃山・佚斎樗山との関係

川平敏文, 7 2013, : : 近世文藝. 98, p. 15-29 15 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

山岡元隣『宝蔵』箋註(2)巻一(六)~(十五)

川平敏文, 7 2013, : : 雅俗. 12, p. 108-122 15 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

明・清時代の長崎 ; 支配の構図と文化の諸相

若木太一 & Kawahira, T., 2013, [勉誠出版]. (長崎東西文化交渉史の舞台 (ステージ) / 若木太一編)

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

2012

ひらがなの漢詩: 仮名詩史補綴 (東アジアの短詩形文字 : 俳句・時調・漢詩)

川平敏文, 5 2012, : : アジア遊学. 0, 152, p. 167-180 14 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

『三國志演義』と『蜀漢本末』

井口千雪, 11 2012, : : 和漢語文研究. 10, p. 78-99 22 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

『三國志演義』の執筆プロセスに關わる考察

井口千雪, 2012, : : 日本中国学会報. 64, p. 201-215 15 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

熊本の自然と文化

上妻博之, 川平敏文, 鈴木元, 熊本県立大学文学部日本語日本文学研究室 & 熊本県立大学文学部日本語日本文学科, 2012, 熊本県立大学文学部日本語日本文学研究室. (熊本文化研究叢書, 第8輯 . 上妻博之郷土史論集 / 上妻博之 [著]||コウズマ マサユキ キョウドシ ロンシュウ ; 2)

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

山岡元隣『宝蔵』箋註(1)序、巻一(一)〜(五)

川平敏文, 6 2012, : : 雅俗. 0, 11, p. 73-87 15 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

東アジアの短詩形文学: 俳句・時調・漢詩

静永健 & 川平敏文, 2012, [勉誠出版]. (アジア遊学, 152)

研究成果: 著書/レポートタイプ著書