細胞機能制御学部門

フィンガープリント 細胞機能制御学部門が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    研究成果

    Acetaldehyde dehydrogenase 2 deficiency increases mitochondrial reactive oxygen species emission and induces mitochondrial protease Omi/HtrA2 in skeletal muscle

    Wakabayashi, Y., Tamura, Y., Kouzaki, K., Kikuchi, N., Hiranuma, K., Menuki, K., Tajima, T., Yamanaka, Y., Sakai, A., Nakayama, K. I., Kawamoto, T., Kitagawa, K. & Nakazato, K., 4 1 2020, : : American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology. 318, 4, p. R677-R690

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • A fail-safe system to prevent oncogenesis by senescence is targeted by SV40 small T antigen

    Oshikawa, K., Matsumoto, M., Kodama, M., Shimizu, H. & Nakayama, K. I., 3 5 2020, : : Oncogene. 39, 10, p. 2170-2186 17 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • Artificial intelligence in oncology

    Shimizu, H. & Nakayama, K. I., 5 1 2020, : : Cancer Science. 111, 5, p. 1452-1460 9 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

    公開